『Love Letter』『君の名は。』など韓国でヒットした日本映画の翻訳家は誰?(1)

『Love Letter』『君の名は。』など韓国でヒットした日本映画の翻訳家は誰?(1)

2017年03月17日10時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
翻訳家のカン・ミンハさんは「映画一本を訳す時、少なくとも20回以上は見ている」とし、「翻訳も一つの創作物なので流行語や原作にない言葉を入れるように映画会社から言われても絶対に受け入れない」と話した。
  1990年代末、『Love Letter』から最近ブームを起こしたアニメーション『君の名は。』まで。

  翻訳家カン・ミンハさん(41)は今まで約200本の日本映画の字幕を翻訳した。上映される日本映画のほとんどを彼女が手掛けた。岩井俊二、北野武、是枝裕和、宮崎駿、細田守など日本を代表する監督が必ず彼女に任せるのは業界で広く知られている事実。

  彼が長時間力を注いで作業した『君の名は。』は歴代日本映画で最高ヒット作(364万観客)になった。かつて日本映画の最高ヒット作はアニメーション『ハウルの動く城』(301万観客)だったが、この作品もカンさんが翻訳を手掛けた。

  ソウル大峙洞(テチドン)のある映画会社で会ったカンさんは「観客の要請により『君の名は。』ダビング版が今年夏に公開される」とし、「近いうちに台本作業に入る」と話した。『君の名は。』は男女主人公の身に起きた「入れ替わり」によるハプニングが登場する。東京に住む少年の瀧の身に入れ替わった田舎少女の三葉が女性語と方言を一緒に使うことを周りの人が不思議に思う部分がある。カンさんはこのような部分を訳すことにかなり苦労したという。韓国語には日本語のように男性語・女性語がないためだ。

  苦心の末に、カンさんは自身を客観化する最近の若者の話し方や謙譲語を使い、客席から笑いを誘った。カンさんは「意訳でない、創作の水準だった」とし「方言の字幕は真剣な場面で集中を妨げるため、標準語に変えた」とした。「巫女(女子高生)口噛み酒」という台詞を「巫女(女子高生)口の酒」に変えたのも気の利いた翻訳という評価を受けた。

『Love Letter』『君の名は。』など韓国でヒットした日本映画の翻訳家は誰?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事