【コラム】不吉な亡国の予感=韓国(1)

【コラム】不吉な亡国の予感=韓国(1)

2013年12月03日10時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「今日の韓国の状況は旧韓末の亡国当時と正確に一致する」。筆者が『人民の誕生』(2011)の後続作『市民の誕生』を出した際に行ったある日刊紙のインタビュー内容だ。誇張でない。むしろこう付け加えたい。「その時よりもっと劣悪だ」と。韓国をめぐって繰り広げられる極東情勢がそうであり、それにもかかわらず生じている内部の分裂がそうだ。抗弁する人もいるだろう。百年間にわたり力をつけてきた今日の韓国は旧韓国末の朝鮮ではないと。しかし、このように言いたい。4強は韓国の成長以上に成長し、北朝鮮変数が突出したこの時代の力学構図で韓国の位置づけは限りなく狭まっていると。内部の分裂? 当時は分裂像が調整に限られたが、今は市民社会全般を分裂させているということだ。

  それでも信じられなければ、中国・日本が設定した防空識別圏に狭まれた海とそこに閉じ込められた韓国を見ればよい。4強力学がどう作動するかを。防空識別圏をめぐる競争は溶岩のようにうごめく極東情勢に潜在する一つの象徴的な事件にすぎない。韓国は2つの分離線が重なる位置にある。韓中と日本を分ける「歴史対峙線」、韓日米と中朝を分ける「軍事対峙線」が、韓国の地政学的な住所を矛盾させた。情勢変化によって周辺国の表情を見なければならない状況だ。日本の右傾化は矛盾のジレンマを増幅させる。安倍政権は歴史対峙線の中枢神経である領土紛争を起こし、直ちに米国の後ろに隠れたが、韓国は中国と慰労酒を交わした後、うかうかと軍事対峙線に復帰しなければならない状況だ。済州道南側の上空に新鋭戦闘機が乱舞しても、韓国は見物するだけで、これといった方法はない。宮廷に閉じ込められて“正義の大国”が来ることを待ち望んだ高宗と、隙間戦略も駆使できない今日の韓国の何が違うのか。“乱暴な北朝鮮”が膨らみ、ここに領土紛争が重なれば、韓国の運命は強大国の力学に左右される。

  旧韓末も今も韓国は4強力学で従属変数だ。両対峙線に挟まって慌てる中、内部の分裂は高宗当時よりも深刻だ。1年間、政界は執拗に争いを続け、紛争に苦しんだ市民社会はついに分裂した。宗教界の一部が聞くに堪えない大統領下野宣言をするほどで、知らず知らずの間に政権のガバナンスに亀裂が入った。回復しても令が成り立つかどうかは疑問だ。国民の健康な判断力もまひ状態だ。明博山城より堅固な「要塞政治」の前で疲れ、野党と非難勢力の「突撃政治」にもうんざりしている。大統領下野要求が本当に民主的なのか、120万件の不正コメントに加えて何をさらに暴露するかも分からない局面に、法律判断に任せようという「回避政治」が果たして民主的リーダーシップかどうか混乱させる。政界分裂、弱い国力、裂かれた社会、ビジョンの消滅、そして列強の衝突、その結末は民族の破滅だった。110年前に大韓帝国を滅亡に至らせた破局ドラマ、その悪夢は今日の韓国と一致する。

【コラム】不吉な亡国の予感=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事