【現場から】日本は太陽光自動車走らせるのに…どんぶり勘定の政策で輝けない韓国(1)

【現場から】日本は太陽光自動車走らせるのに…どんぶり勘定の政策で輝けない韓国(1)

2016年07月07日09時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
今秋発売されるトヨタの「プリウスPHV」。屋根に太陽光発電パネルが搭載されている。 (写真=トヨタ)
  日本のトヨタ自動車は今秋太陽光発電パネルを屋根に搭載したハイブリッドカーを出す予定だ。トヨタのハイブリッドカーはガソリンエンジンと電気モーターをともに動力として使う。太陽光で発電した電気は走行用バッテリーを充電するのに使われる。これまで車内換気のような補助用として太陽光発電パネルが使われたことはあるが走行用電力として活用されるのは今回が初めてだ。

  トヨタに太陽光発電パネルを供給するパナソニックは世界市場をめぐり米国企業と神経戦を行っている。昨年10月に米国のソーラーシティが22.04%の効率を誇る家庭用発電パネルを開発したと発表し、パナソニックは2週間もたたずに効率22.5%の発電パネル開発に成功したと発表した。韓国ではまだ効率20%を超えたと発表した企業は1社もない。

  韓国政府は最近太陽光発電のようなエネルギー新産業を育てるため2020年までに42兆ウォンを投資すると発表した。2020年には太陽光や風力など再生可能エネルギーで生産される電力は13ギガワット規模に上る。韓国の全電力生産量の13%水準に相当する量だ。再生可能エネルギーで生産しなければならない電力義務比率(RPS)も2020年までに7%まで高める。発電会社は電力が余る状況でも義務比率を守らなければならないため先を争って新再生発電設備を拡充しなければならない。

  だが再生可能エネルギー事業を展開することでは事業者は政府が依然として現実とかけ離れた政策を行っていると指摘する。まず太陽光発電パネルや風力発電機を作る予定地ごとに住民反対運動が起きている状況を把握できずにいるという指摘が出ている。太陽光発電は大規模に作らなければならないため周辺の動植物の生態系に影響を与えるという理由で、風力は風車が回る騒音の問題で設置反対の声が徐々に高まっている状況だ。

【現場から】日本は太陽光自動車走らせるのに…どんぶり勘定の政策で輝けない韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事