韓国ウォン高に笑う日本(1)

韓国ウォン高に笑う日本(1)

2012年12月14日15時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国ウォン高に笑う日本。
  13日、日本・東京の中心部、丸の内の金融タウン。株式市場の開始を控え、主要投資運用会社のファンドマネジャーは外国為替取引の端末機で市場の動きをチェックした。中でも視線を固定させるのは韓国ウォン-日本円の為替レートだ。以前になかったこうした風景が最近日常化しているのは、当日の市況を予測するためだと、英フィナンシャルタイムズ(FT)が13日報じた。

  この1カ月間、国際外国為替市場でウォン高が急激に進み、これに伴って日本企業の株価が上がっている。ウォン-円為替レートと日本株式市場の動きが連動しているということだ。

  ウォン-円為替レートは年初(1月9日)、100円=1514ウォンをつけた。韓国企業と競争関係にある日本企業が悲鳴をあげるほどの円高だった。08年から始まったこうした流れは長く続いた。その日本円が先月から急激に値下がりしている。13日には100円=1283ウォンまでウォン高円安が進んだ。年初に比べて日本円が韓国ウォンに対して13%以上も値下がりしたのだ。

  根本的な背景は日本の強力な円高解消の意志とみられる。日本財界は今年、日本企業がグローバル市場で活力を取り戻せない原因を「円高」のためとした。その中でも最大のターゲットが韓国ウォンだった。グローバル市場で競争関係にある韓国企業が、ウォン安を武器に強力な価格競争力を発揮しているということだった。ウォン-円レートは今年に入っても100円=1500ウォン前後だったが、グローバル金融危機直前の07年は100円=750ウォン水準だった。

  日本銀行(日銀)は深刻な円高から抜け出すため、ゼロ金利と量的緩和を強力に推進した。米国中央銀行(FED)が9月、毎月400億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)を購入する量的緩和策の第3弾(QE3)に動くと、日本も10兆円の流動性を供給する強力な追加量的緩和カードを取り出した。ドルがグローバル市場にあふれて円高につながるという懸念から、日銀も日本円の大量放出に乗り出したのだ。

韓国ウォン高に笑う日本(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事