自殺した女優、「31人に100回以上酒接待、性接待」...復讐してほしい

自殺した女優、「31人に100回以上酒接待、性接待」...復讐してほしい

2011年03月07日10時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
昨年3月に自殺した女優のチャン・ジャヨン。
  



  昨年3月に自殺した女優のチャン・ジャヨンが、「31人に100回以上接待した」と自筆で残した文書が公開され社会的波紋が予想されている。

  SBSは6日、「8時ニュース」で、「チャン・ジャヨンが2005年から2009年の自殺直前まで直接作成し知人に渡していた文書50通230ページを単独入手した」と報道した。

  SBS側は、「チャン・ジャヨンは31人に100回以上の酒接待、性接待を強要されたと文書に残した」として、これはこれまで「芸能界に性接待とはありえない」と主張してきた前企画会社代表の話とは全く異なる内容だと説明した。

  チャン・ジャヨンは文書に接待場所を細かく記録していたほか、相手の職業まで几帳面に書き込んでおり、この中には芸能プロダクションや制作会社関係者、大企業、金融機関、報道機関関係者が多数含まれているとSBSは伝えた。

  「復讐してほしい。接待から抜け出す方法がない。接待を受けに来た男性は悪魔だ。100回以上接待に引っ張られて行った。新しい服を着る時はまた別の悪魔に会わなければならない」と当時の壮絶な状況を描写したチャン・ジャヨンは、「両親の法事の日にも接待に駆り出された。リストを作っておいたので(私が)死んだとしても復讐してほしい。冥土から復讐してやる」など血のにじむ絶叫を書き込んだ。

  SBS側は、「公認専門家に筆跡鑑定を依頼し、チャン・ジャヨンの筆跡と合っているという結果を得た」と明らかにした。

  チャン・ジャヨンは2009年3月に京畿道盆唐(キョンギド・プンダン)の自宅で自殺したが、遺書は発見されておらず単純な自殺として処理された。しかし、マネジャーがいわゆる“チャン・ジャヨン文書”があると主張し波紋を呼んだ。所属会社前代表とマネジャーユは2010年11月にそれぞれ懲役1年と執行猶予2年、社会奉仕160時間の宣告を受けている。

【ホットクリック】

・中国公安が74万人動員、ジャスミンデモまた不発
・自殺した女優、「31人に100回以上酒接待、性接待」...復讐してほしい
・北朝鮮、GPSかく乱攻撃…キーリゾルブ訓練を妨害か
・日本の次期首相最有力候補の前原外相、外国人献金問題で脱落
・韓国政府による韓流操作の主張、フジテレビが謝罪
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事