教師に叱られた中学生が学校に放火

教師に叱られた中学生が学校に放火

2006年12月21日15時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中学生が教師に叱られたことを恨んで先輩の高校生とともに学校に放火し、警察に捕まった。

  慶尚南道南海(キョンサンナムド・ナムヘ)警察署は21日、南海郡にある中学校の3年生A(15)を放火の疑いで逮捕し、Aの先輩B(16、高1)を同じ容疑で非拘束立件した。

  Aは2日前、同じクラスの友人とけんかをした件で教師に叱られたことに不満を抱き、2日午前1時半ごろ、先輩のBとともに学校の花壇に植えられた木15本(200万ウォン相当)を燃やした。 2人はAの自宅から持ってきたスプレー殺虫剤にライターで火をつけて逃げたという。

  学校警備員の通報で出動した警察官と消防署員がおよそ2時間後に消火、幸い学校の建物には燃え移らず、追加被害はなかった。

  警察で、Aは「先月30日、学校で飴を食べている友達に分けてくれと言ったが、分けてくれなかったため、けんかになった」とし、「叱る教師に‘お前は何様だ’と反抗した後、先輩のBと一緒に放火を計画した」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事