SKハイニックス、3億ドルで中国に総合病院建設へ

SKハイニックス、3億ドルで中国に総合病院建設へ

2018年09月10日14時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  SKハイニックスが中国現地工場がある江蘇省無錫に3億ドル(約3370億ウォン)を投入し、総合病院の建設を進めていると9日、明らかにした。SKハイニックスによると、朴星ウク(パク・ソンウク)SKハイニックス副会長は4月、中国無錫市のリ・シャオミン書記に会い、2022年までに総合病院を建設することに関する協約式を行った。今回の病院建設に投入される資金はSKハイニックス本社ではなく中国無錫半導体法人が負担している。朴副会長はリ書記との協約式で「700-800の病床をまず運営した後、事業成果を評価し、病床を1500-2000に拡大しよう」という内容にも合意した。

  今回の病院建設はSKハイニックスの半導体以外の事業では過去最大となる。SKハイニックス側は「病院を建設するのはSKハイニックスの社会貢献事業の一環」とし「今後、病院を誰がどのように運営するかについてはまだ決まったことはない」と説明した。しかしSKテレコムも無錫でICT(情報通信技術)基盤ヘルスケアセンター事業を展開しているため、SKグループが中国でバイオ・ヘルスケア事業を本格化するのではという見方が出ている。

  この病院は3級総合性医療病院で外科センター、内視鏡診療センター、腫瘍治療センター、透析治療センターなどが設置される予定だ。

  中国上海から車で2時間半の距離にある無錫は江蘇省内でGDP(国内総生産)が最も高い工業都市。SKハイニックスは2006年に無錫にDRAMメモリー半導体生産工場を竣工した。無錫工場はSKハイニックスのDRAM生産量のおよそ半分を占める。20ナノ級工程を主力にPC・サーバー・モバイル・グラフィックなどDRAMのすべてのアプリケーション生産を担当している。無錫工程は先端自動化システムを備え、収率・単位生産量・費用の面でも国内工場より生産効率が優れているという。SKハイニックスは江蘇省が誘致した最大の外資企業と評価される。

  SKハイニックスは7月には無錫にファウンドリー(半導体受託生産)工場も追加で建設すると明らかにした。SKハイニックスから昨年7月にファウンドリー事業部が分社して設立された子会社SKハイニックスシステムICは無錫市の投資会社・無錫産業グループと合弁会社を設立し、今年下半期中に工場建設に着工する予定だ。合弁会社はSKハイニックスが50.1%、無錫市が49.9%を出資した。会社側は現地に社会貢献財団「無錫SKハイニックス幸福公益基金会」を設立し、さまざまな活動をしてきた。SKハイニックスとSKテレコムは2016年から「幸福バス」という名の無料移動診療所を運営している。基金設立はSKハイニックスが、事業の運営はSKテレコムがそれぞれ担当している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事