性的少数者人権改善に向けた国際会議、韓国内で開催

性的少数者人権改善に向けた国際会議、韓国内で開催

2005年11月24日17時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  同性愛者・トランスジェンダーなど性的少数者(セクシュアル・マイノリティ)の人権改善に向けた国際会議が24日、韓国内で開催された。

  「韓国性的少数者文化人権センター」はこの日、ソウル蚕室(チャムシル)オリンピックパークテルで「ジェンダー、セクシュアリティー、HIV・AIDSと人権:アジアを中心に」というテーマで人権活動家国際会議を開催した。カナダに本部をおく性的少数者人権連帯の「ARC(Allied Rainbow Communities)インターナショナル」と共催する今回の会議は27日まで続く。

  米国・イタリアなど世界各国の人権活動家と国際機構の専門家ら約60人が出席。この日の共同セミナーで、出席者らは「性的少数者の人権改善のために国連など国際機構を十分に活用すべき」と強調した。それらは、アジア地域で性的少数者の人権を増進させるうえで韓国の役割が大きい、とのことで意見をまとめた。

  韓国政府は05年5月、国連人権委員会のセクシャルオリエンテーション(性的志向・同性愛を含む多様な性のあり方を認める)に関連した声明書に、アジア国家としては唯一署名したことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事