<金正男毒殺>北朝鮮国籍の4人組が指揮、「請負殺人」の可能性高まる

<金正男毒殺>北朝鮮国籍の4人組が指揮、「請負殺人」の可能性高まる

2017年02月20日16時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  19日のマレーシア警察の公式発表は、金正男(キム・ジョンナム)氏暗殺事件の背後が北朝鮮という事実を確認したようなものだ。この日の記者会見で明らかになった事件の容疑者のうち北朝鮮国籍者は計5人。マレーシア警察に17日に逮捕されたイ・ジョンチョル(47)のほか、イ・ジヒョン(33)、ホン・ソンハク(34)、オ・ジョンギル(55)、イ・ジェナム(57)の4人だ。警察の発表によると、4人は事件直後にマレーシアを出国した。また警察はイ・ジウ(30、英語名ジェームズ)ら3人を追加で追跡中だと明らかにし、この3人も北朝鮮国籍と推定されると述べた。

  逃げたイ・ジヒョンら北朝鮮国籍者4人は、ベトナム・インドネシア旅券所持者の女2人が13日、クアラルンプール空港で犯行をした時、近くの飲食店で見ていた。4人は出国4日後の17日に平壌(ピョンヤン)に到着したという報道もあり、北朝鮮背後説は事実として固まる雰囲気だ。

  このため今回の事件は「北朝鮮工作員の指揮-第3国人の請負殺人」と要約される。マレーシア警察は「容疑者の女が暗殺計画を認知したかどうかは公開できない」と述べたが、2人が犯行後に一行から捨てられたという点で北朝鮮が請負殺人後に「しっぽ切り」をしたとみられる。1987年の大韓航空858機爆破犯キム・ヒョンヒ氏も18日、日本の毎日新聞の書面インタビューで今回の事件が「東南アジア女性を雇用した(北朝鮮の)請負殺人」という意見を出した。特に金正男氏殺害時点に注目した。金正日(キム・ジョンイル)総書記の元妻の甥・李韓永(イ・ハンヨン)氏が97年2月15日に襲われたのに続き、金正男氏も金正日総書記の誕生日の2月16日、いわゆる「光明星節」直前に暗殺されたという点で、北朝鮮背後説が有力という見方だ。

  逃げた容疑者4人は1月31日から2月7日の間にマレーシア入りした。ともに15日に出国する予定だったが、金正男氏暗殺が完遂されるとすぐに出国した。警察は「4人とも外交官旅券でなく一般旅券所持者だった」とし「4人がどこに行ったかは明らかにできない」と述べた。一方、イ・ジョンチョルは昨年8月にマレーシアに1年期限の外国人労働者身分証(i-KAD)を持って入国した。イ・ジョンチョルが北朝鮮の大学を卒業した後、インドで化学専攻で留学した化学専門家という報道があったが、マレーシア警察庁副庁長はこの日の記者会見で「彼はここの工場で働いた」という事実だけを確認した。

  現地メディアに報道されたイ・ジョンチョルの化学研究経歴が事実なら、金正男氏を死亡させた液体毒物製造に関与した可能性がある。現地メディアは暗殺団が1年間にわたり金正男氏の情報を把握したと伝えたが、イ・ジョンチョルがクアラルンプール現地で勤務しながら暗殺計画と協力者の抱き込みを担当し、殺害薬物の準備などを主導した可能性がある。ただ、イ・ジョンチョルは犯行現場にはいなかったうえ、事件後に自分のアパートで逮捕されたという点で、事件の主犯はすでに出国した4人である可能性が高い。

  これを受け、金正男氏暗殺事件の「北朝鮮背後・責任」を明らかにする捜査は長期化が避けられなくなった。マレーシア警察側は「インターポール(国際刑事警察機構)と協調して容疑者を追跡する」と述べたが、4人が第3国を通じて北朝鮮に戻ったとすれば事実上逮捕は不可能だ。確認はされていないが、主犯格の4人はすでに平壌に入ったという報道もある。この場合、インターポールとの協調も特に効果はなく、今回の事件の決定的な物証を探すのは難しくなる。マレーシア警察の公式発表に対し、北朝鮮はこの日、いかなる公式反応も出さなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事