<MB回顧録>ブッシュ大統領「私の友、李大統領が望むように」独島表記要求

<MB回顧録>ブッシュ大統領「私の友、李大統領が望むように」独島表記要求

2015年01月29日15時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◆米大統領との縁=私は任期中、ブッシュ、オバマの2人の米国大統領に会った。ブッシュは共和党であり、オバマは民主党だった。しかし私は共和党大統領や民主党大統領に会ったのではなく「米国の大統領」に会い、国益のために努力する韓国の大統領だった。

  2008年4月18日に私は米大統領の別荘キャンプ・デービッドに到着した。宿舎に移動するカートでブッシュは運転席に、私は助手席に座った。「カートの運転は私がもっとうまくできそうだ」と話すと、私たちは席を変えた。ブッシュは記者たちの前で「運転が上手だ(fine driver)」と私を称えた。会談後の記者会見でブッシュは私を「コンピューターが付いたブルドーザー」と紹介した。

  2008年7月、米国地名委員会は独島(ドクト、日本名・竹島)を「韓国領」と「公海」から「主権未指定地域」に変更した。日本の執拗なロビー活動の結果だった。李泰植(イ・テシク)駐米大使は韓米自由貿易協定(FTA)行事で警護員の阻止にもかかわらず、ブッシュを大きな声で呼んだ。李大使は表記を元に戻すべき理由をブッシュに説明した。ブッシュは「私の友、李大統領が望むように処理しなさい」という指示をライス国務長官に出した。1週間後、独島の表記は元に戻った。

  オバマが大統領に当選してから3日後の2008年117日、彼と電話で対話した。オバマはハワイで成長期に接した韓国系米国人、プルコギ、キムチなどに言及し、韓米同盟を強化したいと述べた。

  2009年4月2日、英ロンドンで開催された第2回G20(主要20カ国・地域)首脳会議でオバマと初めて会った。オバマは「北朝鮮は韓米間の強い同盟関係に割り込む隙がないだろう」と述べた。

  会談で印象的だったのは当時のヒラリー・クリントン国務長官だった。彼女はオバマよりも年齢と経験で上回っていたが、低い姿勢で礼儀を守った。韓国哨戒艦「天安」爆沈後の2010年4月13日にワシントンで開かれた第1回核安全保障サミットで、米国は私の席をオバマ大統領の隣に配置した。会議が始まる直前、私は隣の席のオバマに話した。「戦時作戦権転換の延期問題を検討してほしい。2012年は韓米両国にとって無理があるようだ」。

  するとオバマが話した。「私も李大統領の言葉に共感する」。結局、2010年6月26日にカナダ・トロントで開催された第4回G20首脳会議期間、私はオバマと会談し、戦作権転換日程を2015年12月1日に延期することで合意した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事