【噴水台】高麗棒

【噴水台】高麗棒

2008年08月28日16時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
写真拡大
  

 よく知らない人、特にあまり接触がない外国人には嫌悪感が生じるかもしれない。 異邦人に対するあいまいな状態の敵がい心は普通ゼノフォビア(Xenophobia)という用語で説明できる。 外部人という意味の「ゼノ」と、嫌うという意味の「フォビア」の合成語だ。

  隣国人には特に、こういう嫌悪症が頻繁に生じるものだ。 韓国人は韓半島を呑み込んだ日本人を「チョッパリ」と呼び、朝貢と冊封という形で大国的に振る舞ってきた中国人には「テ」という頭文字をつけて対象を蔑む。

  韓半島の人も例外ではない。 日本人からは軽蔑の意味が込められた「チョーセンジン」と呼ばれる。 中国で韓国人を侮蔑していう言葉は「高麗棒」だ。 後ろに接尾辞にあたる子という字をつけて「高麗棒子」ともいう。 中国語読みでは「ガオリパンズ」だ。

  この言葉は韓国人が日本人や中国人を蔑む場合のようにその語源が明らかでない。 なぜ棒という字を付けたのかは釈然としない。まず、隋が高句麗(コグリョ)を侵入した際、韓半島の老若男女がみんな出てきて棒を持って激しく抵抗したことから付いたという説がある。

  これは良い意味として解釈でき、現在の卑称とは合わない。 それよりも、日本が韓半島を侵奪した後、満州を経て中国を本格的に占領する時期のことと関連があるようだ。 日本の手先として、棒を持って横行しながら中国人を苦しめた韓国人ということだ。

  中国人が当時、自国を侵略した日本人には「日鬼子」、その手先だった一部の韓国人には「二(2番目の)鬼子」という称号を付けたという点を勘案すると、高麗棒子の語源はこれと関係があるという推定が可能だ。 いずれにしても私たちは苦い思いをするしかない。

  最近、中国で反韓感情が強まっている。 五輪の入場式と競技で韓国選手に見せた中国人の冷たい視線と揶揄が話題になっている。ネットユーザーの間ではそのような感情が度を越えて広まっている。 高麗棒子が中国社会でまた流行する兆しだ。

  そこには少なくない誤解と偏見があるのだろう。 そうだしても韓国の姿勢はこれと同じであってはならない。 対抗して中国を蔑む行動は自重しよう。 言葉は時に人の考えを統制する。 侮蔑と揶揄に没頭すれば、相手の長所とさまざまな姿を正しく見ることはできない。 卑称に頼った感情の発言よりも、相手に対する正確かつ深い理解が優先されなければならない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事