【中央時評】平昌五輪が残した宿題(1)

【中央時評】平昌五輪が残した宿題(1)

2018年02月23日15時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  最近の若者たちの表現通り、平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)は一つのヒップなドラマだ。汗と忍耐で技を磨いてきたオリンピックスターはメイン競技場にはためく国旗に負けない、さまざまな感動ストーリーを私たちにもたらしている。スピードスケート李相花(イ・サンファ)と小平奈緒の抱擁はこれまで韓日首脳会談で演出されたぎこちない握手よりも深い余韻を残した。スノーボードのハーフパイプ舞台を圧倒的な技で支配した韓国系米国人のクロエ・キムの自信と流ちょうな韓国語はグローバルコリアが見せた魅力の一断面だ。皆を驚かせた女子カーリングチーム、力強かった尹誠彬(ユン・ソンビン)、女子ショートトラックチームが与えたさまざまな色の感動も、平昌五輪を地球村ドラマに導いている。

  平昌五輪ドラマを見守りながら、私たちはスポーツが陳腐な外交や政治よりも感動的で、時には魔法にも似たものであることを再確認する。〔核・ミサイル威嚇を繰り返していた北朝鮮政権の金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委第1副部長の外交攻勢もこのようなスポーツの魔法にあやかろうとする腹積もりだったのだろう。〕政治と権力現象の解釈を生業としている政治学者として、筆者はオリンピアンの感動ドラマはしばらく伏せ、競技場内外で提起される韓国政治の過去と未来の課題を考えてみたいと思う。オリンピックは外側世界に私たちの活力と文化的パワーを示す舞台でもあるが、同時に自分自身を振り返る鏡でもある。

  まず、ヒップなオリンピックドラマと対照的な過去の影。どのオリンピックでもそうだったように、今回の平昌五輪も開催国の技術水準と文化水準を思う存分発揮する機会だ。競技場周辺で試験的に運営中されている水素車、開幕式にサプライズ登場した1218台のドローンと人面鳥は韓国の先端技術とストーリーテリング能力の証拠だ。だが、同時にオリンピック競技場周辺で私たちは依然として過去の亡霊たちと取っ組みあってもいる。

  オリンピック競技場周辺を徘徊するこの亡霊とはまさに、行き過ぎた決定権を握った(準)官僚組織の規制権力とこれに便乗しようとする政治権力だ。ここまで言えば誰でもスケルトン競技場で繰り広げられた事件を思い出すだろう。だが、規定を破ったままスケルトン競技場の制限区域に入った与党重鎮議員の事故は古い権力の見慣れた断面に過ぎない。さらに深刻なことは、目につかない場所から静かに広がっている。

【中央時評】平昌五輪が残した宿題(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事