現代自動車、過去最大90万台をリコール

現代自動車、過去最大90万台をリコール

2017年12月28日09時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代自動車の「グレンジャーTG」(写真=中央フォト)
  現代(ヒョンデ)自動車が過去最大規模のリコールを実施する。2004年1月から2013年12月までに販売された「NFソナタ」51万265台と、2004年9月から2010年12月までに販売された「グレンジャーTG」40万5018台が対象だ。両車種合わせて91万5283台をリコールするもので、これまで最大のリコールは2013年に「アバンテ」など現代・起亜(キア)自動車19車種を対象にした82万台だった。

  国土交通部自動車政策課のパク・デスン課長は「現代自動車側からリコールをすると申し出があり、来年1月4日から対象車両に対するリコールを実施することにした。すでに生産終了した車種だが、車両の老朽過程で欠陥が見つかったもの」と話した。今回のリコールは現代自動車部長だったキム・グァンホ氏が提起した部分とは別だ。キム氏は現代自動車のエンジン欠陥とリコール未実施などを国土交通部、国民権益委員会、米運輸省などに申告し、これを受けシータ2エンジン、トレーリングアーム、DPF損傷の可能性などが提起され、現代・起亜自動車は今年約123万台に対しリコールを実施した。

  パク課長は「NFソナタとグレンジャーTGは電子装置(ABS/VDCモジュール)電源供給部分でショートが起き火災が発生する可能性があることが確認されリコールをすることになった」と説明した。ABS/VDCモジュールは自動車のスリップ防止のためにブレーキとエンジン出力などを電子的にコントロールする装置だ。現代自動車サービスセンターで無償で修理(電源制御装置追加装着)を受けることができ、修理に所要する時間は30分ほどだ。

  今回のリコールと関連し現代自動車では自動車所有者に郵便と携帯電話のショートメッセージで対応方法などを知らせる。また、リコール実施前に自動車所有者が欠陥内容を自費で修理した場合にはメーカーに修理費用に対する補償を申し込むことができる。リコール開始は1月4日に決まっているが、期限はない。その他問い合わせ事項は現代自動車(080-600-6000)に連絡すれば良い。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事