「独島・日本教科書問題は取り上げない」…権哲賢駐日大使

「独島・日本教科書問題は取り上げない」…権哲賢駐日大使

2008年04月19日09時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  権哲賢(クォン・チョルヒョン)新任駐日大使は18日、在任中には独島(ドクト、日本名・竹島)や教科書問題を取り上げない、と明らかにした。

  権大使はこの日、東京で駐日特派員らに対し「李明博(イ・ミョンバク)大統領からは‘過去に束縛されず、小さなことに執着するな’という話を受けている」と明らかにし、「古い課題でありながらも懸案である独島・教科書問題は、日本側からやや挑発するようなことがあっても、ポケットの中にしまっておき、取り出さないでおこう」と述べた。

  また「李大統領は‘日本とは未来志向的な関係、親しい友人、善意の競争者にならなければいけない’と強調した」とし「李大統領は特に、手でつかめる経済的効果を強調したが、日本の部品・素材分野の韓国投資誘致が最も急がれる」と指摘した。

  権大使は「このためには両国の世論が良い方向へ向かわなければならず、深い信頼関係が形成されなければならない」とし「過去に日本に対して抱いていた先入観と偏見を捨てて、新しい韓日関係の定立のために努める」と強調した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事