女優ソ・ウンス、日本原作の韓国版『リーガルハイ』の主人公に

女優ソ・ウンス、日本原作の韓国版『リーガルハイ』の主人公に

2018年12月10日15時39分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優ソ・ウンス
  女優ソ・ウンスが『リーガルハイ』(原題)の主人公に抜てきされた。

  ソ・ウンスは来年2月初放送されるJTBC新ドラマ『リーガルハイ』の主演として出演を確定し、もう一度の跳躍を予告した。

  『リーガルハイ』は訴訟で一度も負けたことがない怪物弁護士コ・テリムと法だけを信じる正義感の強い新米弁護士書ソ・ジェイン、あまりにも違う二人の弁護士が描く愉快な法廷ドラマだ。2012年と2013年、日本フジテレビで放映された同名のドラマを原作にしている。勝訴のためなら奇想天外な方法も動員される、いわゆるユーモラスな法廷劇で人気を集めた。2019年韓国の現実を反映したリアルなエピソードで再誕生する。

  ソ・ウンスは劇中で司法研修院の成績はビりだが、正義感は誰にも劣らない新米弁護士のソ・ジェイン役を演じる。人間が作った法より重要な良心の基準があると固く信じている理想主義者であり努力派だ。

  ドラマ関係者は「ソ・ウンスがソ・ジェインのキャラクターの明るいエネルギーと根性、少し抜けたところまでさまざまな魅力を表現するのに適合した女優だと考えた。新鮮なイメージとともに相手役を演じる俳優チン・グともよく似合うものと期待され、キャスティングした」と伝えた。

  ソ・ウンスは最近までドラマ『空から降る一億の星』、ユーチューブオリジナル『トップマネジメント』とバラエティ『現地で食べてくれるかな?-中国編』などでさまざまな姿を披露した。

  『リーガルハイ』はドラマ『新入社員』『強力班~ソウル江南警察署~』『ミス・マンマミーア』のパク・ソンジン作家と『九家の書~千年に一度の恋~』『華麗なる2人-ミセスコップ2』『花遊記』を共同演出したキム・ジョンヒョン監督が意気投合した作品だ。来年2月JTBCで放送される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事