“日本のキム・スヒョン”坂口健太郎「体の中が空っぽだった時、韓国ファンから…」(1)

“日本のキム・スヒョン”坂口健太郎「体の中が空っぽだった時、韓国ファンから…」(1)

2018年07月06日15時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『今夜、ロマンス劇場で』で坂口健太郎(27)は映画監督に憧れる健司を演じた。(写真提供=NKピクチャーズ)
  「ファッション雑誌にモデルとしてデビューしたときには今のように産業映画の主演を任されるなんて夢にも思っていませんでした。これからどんな自分になるのか分からないまま、ただこのまま進みたいと思っています。目標に向かってまっすぐ進むのもカッコいいですが、可能性を制限したくないんです」

  11日に韓国で公開される日本のファンタジーメロ映画『今夜、ロマンス劇場で』(監督・武内英樹)を引っさげて来韓した演俳優・坂口健太郎(27)の言葉だ。4日、ソウル江南(カンナム)のとあるホテルで坂口に会った。

  日本で2月に公開された『今夜、ロマンス劇場で』は、7週間で累積収入10億円を突破したヒット作だ。日本のトップスターでもある相手役の綾瀬はるかの人気も大きかったが、何より「健太郎マジック」が通じたという評価だ。

  最近、坂口は日本で最もホットなライジングスターだ。ある韓国の日本通は坂口のことを「日本のキム・スヒョン」にたとえた。韓国で俳優キム・スヒョンがそうだったように、ものすごいスピードでファン層を広げているという意味だ。坂口はファッション雑誌のモデル出身で、2014年から演技を始めてこの4年間で主演級に成長した。昨年と今年、韓国でも公開された映画『君と100回目の恋』『俺物語!!』とテレビドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016)、『重版出来!』(2016)等、ジャンルを網羅しながら存在感を強めてきた。昨年、釜山(プサン)国際映画祭に招待された行定勲監督の映画『ナラタージュ』では愛のために悲嘆に暮れる青年を黙々と演じて好評を受けた。

  韓国とも縁が深い。韓国ドラマが原作の日本版『ごめん、愛してる』(2017)、『シグナル 長期未解決事件捜査班』(2018)で相次いで主役を演じた。日本版『シグナル』の主題歌を歌った防弾少年団(BTS)が4月に日本ファンミーティングを行った時は、観客として参加した。坂口の来韓は今回が初めて。彼は「帰国するまでに韓国語単語を5つ覚えて帰ろうと思っているが、まず『ソメク(焼酎+ビール)』を覚えた。『ソメク』が肉よりおいしかった」と紹介した。

  1960年代が舞台の今回の映画『今夜、ロマンス劇場で』で坂口が演じた健司は映画監督を目指している無邪気な青年だ。モノクロ映画のヒロイン、美雪(綾瀬はるか扮)に恋をして毎晩1人で映画館に通っていた健司は、ある日スクリーンから飛び出してきて現実世界に現れた美雪と時空間を超えた恋に落ちる。

  「健司は情けなくて気弱だが純粋で温かい人です。嬉しいことがあれば喜び、がっかりすればあきらかにそれが出るほど感情表現に素直です。そういうところが羨ましくもありました。私は25歳の時にこの映画に出演しましたが、2年が過ぎた今だったら、その時演じたようにはできなかったかもしれません。とても良いタイミングで出会うことができ、心をこめて演じました」。

  2年間で何が変わったのかと聞くと、静かに目を閉じて考えをめぐらせた。「たとえば、私は小説が好きでたくさん読むのですが、名作も読む時の状況によって心に響くこともあるし、評価がそれほど良くない本も私にとってはバイブルになることがあります。健司は運良く適切なタイミングに響きをくれる役割として出会いました。今演じることになれば2年前に表現した感情は全て出てこないような気がします」

“日本のキム・スヒョン”坂口健太郎「体の中が空っぽだった時、韓国ファンから…」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事