THAAD問題の中で韓中W杯サッカー予選…韓中観客の間に中国公安配置へ

THAAD問題の中で韓中W杯サッカー予選…韓中観客の間に中国公安配置へ

2017年03月17日07時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
昨年9月1日に2018ロシアW杯アジア最終予選第1戦の韓国-中国戦が行われたソウルW杯競技場で中国のファンが五星紅旗を振って応援している。(中央フォト)
  中国大陸の真ん中になる湖南省長沙が「超緊張」状態だ。23日晩、ここで韓国-中国の2018ワールドカップ(W杯)サッカー予選が行われる。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による反韓感情が高まった状態で行われるサッカー試合が反韓デモにつながる可能性もあるという懸念から、現地の韓国人社会や管轄韓国総領事館はもちろん、公安当局が緊張している。

  中国サッカーは「恐韓症」という言葉があるほど歴代対戦成績で韓国に絶対劣勢だ。昨年9月にソウルで行われた1次予選では3対2で韓国が勝っている。中国は今回の韓国戦で敗れる場合、予選敗退が決定する。習近平国家主席が前に出て「サッカー崛起」を叫んでいる中国の威信が失墜する問題と受け止めかねない。長沙は中国の建国の英雄、毛沢東の故郷から近い。もし韓国が中国サッカーを敗退させる場合、一部の中国人が韓国に向かって腹いせをするかもしれないという懸念もある。

  過去の事例もある。2004年に中国で開催されたアジアカップサッカー大会当時、日本代表の試合が行われるたびに反日デモが起きた。旧日本軍による爆撃被害が大きく反日感情が強い重慶では、日本選手団のバスの出入りを阻止して激しいデモが行われた。北京に場所を移して行われた日本と中国の決勝戦で中国が敗れると、興奮した中国の観客は日章旗を燃やして街頭デモを行った。この過程で競技場から出る日本公使の車の窓が割れ、日本大使館が中国外務省に公式抗議した。

  中国サッカーの実力はまだ世界レベルに達しないが、球迷(=ボールに狂う人たち)と呼ばれるサッカーファンの情熱と結集力は欧州・南米のフーリガンに劣らないというのがサッカー界の定評だ。

  このため中国公安当局は「007作戦」並みの安全計画を立てたという。当日の競技場では、レッドデビルズ(韓国代表サポーター)の遠征団と現地在住韓国人・留学生で構成される韓国応援団は別に設定されたエリアに入り、中国人の一般観客との接触が遮断される。警察と秩序維持要員を動員して韓中の観客の間に「人のカーテン」を配置するというのが当局の作戦計画だ。試合が終わった後には韓国応援団を最後に退場させる計画だ。レッドデビルズは試合直後に長沙に移動して出国手続きを踏み、韓国行きの飛行機に乗る。

  中国公安当局がこのように腐心するのはデモによる不祥事防止のためだが、最近に入ってTHAAD報復措置の程度と速度を調節していることも関係があると分析される。

  長沙を管轄する武漢総領事館も緊張している。連日、中国公安当局およびサッカー協会などと会議を開き、安全対策の準備に腐心している。幸い、長沙にはロッテマートなど反韓デモの標的になるような建物はない。LGディスプレイの工場があったが、これも別の地域に移転した。チョン・ジェナム駐武漢総領事は「早くからタスクフォースチームを設置して随時現地点検をしていて、中国公安当局とも緊密な協力体制を維持している」とし「試合をきっかけに不祥事があってはいけないというのが韓中の一致した認識」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事