中国でトップ10に入らないサムスンのスマホ、救援投手は?

中国でトップ10に入らないサムスンのスマホ、救援投手は?

2018年01月26日15時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サムスン電子が送ったギャラクシーS9アンパック(公開)行事の招待状(資料=サムスン電子)
  サムスン電子のスマートフォン事業が中国・インド市場で中国企業の波状攻勢を受けている。

  サムスン電子は世界で最も速いペースで成長しているインドのスマートフォン市場で6年ぶりに四半期別スマートフォン販売トップから転落した。市場調査会社カナリスは、昨年10-12月期のインド市場でシャオミが820万台、サムスン電子が730万台を出荷し、シェアはそれぞれ27%、25%と推定した。カウンターポイントリサーチもシャオミがシェア25%で1位、サムスン電子が23%の2位と分析した。

  カウンターポイントリサーチは「シャオミは攻撃的な価格政策とチャンネル拡張戦略を通じて、インド市場でサムスンの独走を6年ぶりに阻止してトップに立った」と説明した。カナリスは「サムスンが低価格製品市場でシャオミに対して競争力を失ったため」とし「顧客がシャオミをはじめ、OPPO、Vivoなど中国ブランドに移っている」と分析した。

  中国ブランドは中国スマートフォン市場でサムスンを追い越したのと同じ方法でインド市場でシェアを拡大している。インド市場はいくつかの面で中国と似ている。まず土地が広くて人口が多い。都市化もすべて進んでいるわけではない。何よりも150-230ドル台の中低価格の製品が主力だ。シャオミなど中国企業は価格に比べて性能が良い点を武器にインド市場で成果を出している。

  サムスンのスマートフォンは中国市場でも不振も続いている。中国で販売トップ10モデルにも入っていない。カウンターポイントリサーチによると、OPPOのR9sがシェア3%で最もよく売れたモデルになった。トップ10モデルは中国産が8モデル、アップルが2モデル。

  サムスン電子のスマートフォンは世界市場でもシェアが落ちている。トレンドフォースによると、今年の世界スマートフォン出荷量は前年比5%増の15億3000万台と推定される。しかしトレンドフォースはサムスン電子の出荷量は前年比3%減の3億1000万台と予想した。ストラテジーアナリティックス(SA)もサムスン電子の今年のスマートフォン販売量を前年比1.4%減の3億1500万台、市場シェアは19.2%に落ちると見込んでいる。サムスン電子のシェア20%割れは2011年(19.9%)以来となる。

  最近は中国企業がプレミアム市場に積極的に進出し、アップルが中低価格市場に視線を向けているため、サムスンの苦戦はしばらく続くとみられる。ファーウェイ(華為)は米国市場進出のためにベライゾンなどとスマートフォン供給交渉を進めている。アップルは今年、「iPhoneSE2」を50万ウォン(約5万円)以下の価格帯で発売し、インド・東南アジアなどを狙っている。サムスン電子はその間、プレミアム市場ではギャラクシーSとギャラクシーノートで収益を出し、中低価格市場ではギャラクシーJ・Aでシェアを維持する戦略を続けてきた。

  今年の危機克服の突破口は来月スペインで開催される世界最大のモバイル関連イベント「MWC」に登場する「ギャラクシーS9」だ。サムスン電子は25日、ギャラクシースマートフォン新製品アンパック(公開)行事の招待状を発送し、2月25日午後6時(現地時間)にスペイン・バルセロナで新製品を発表すると明らかにした。日本時間では2月26日午前2時だ。

  黒地の招請状には紫の数字9が真ん中に描かれている。ギャラクシーS9の代表色が紫であることを暗示した。また「カメラ、再想像する(The Camera. Reimagined)」という言葉を入れ、ギャラクシーS9のカメラ性能が前作に比べ大幅に強化されたことを暗示した。

  世界の主要情報技術(IT)メディアなどは、ギャラクシーS9の後面のカメラはデュアルピクセル1200万画素広角カメラ、1200万画素望遠カメラを搭載したと予想している。前面には800万画素カメラの搭載が有力だ。F1.5/F2.4絞り調節、スローモーション撮影モードもあると予想される。サムモバイルなどITメディアは、ギャラクシーS9がIP68等級の防水・防塵機能と無線充電機能を提供し、虹彩認識と顔認識機能も付いているとみている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事