MT車には長所も多いが…韓国市場では「絶滅」危機

MT車には長所も多いが…韓国市場では「絶滅」危機

2017年07月06日14時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  あれほど多かった「スティック」はすべてどこへ行ったのだろうか。手動変速機(マニュアルトランスミッション、MT)車両が韓国で「絶滅危機」に瀕している。現代自動車が昨年国内で販売した62万7309台(15トン以上大型トラック・バスなどは除外)のうち、手動変速機を装着したMT車は7734台(1.2%)に過ぎなかった。MT車の販売が継続して低調な状況で、ことしは販売車両の100台中1台も占めることはできないかもしれない。

  他の国内自動車メーカーもほぼ同じような状況だ。中央日報の調査の結果、昨年双龍(サンヨン)自動車が国内で販売した全体車両のうちMT車は508台(0.49%)に過ぎず、ことし上半期はさらに減少した全体販売車両のうち200台(0.37%)にとどまった。ルノーサムスン自動車は手動変速機を装着したモデルを最初から製造していない。その上、韓国GMの場合、軽自動車「スパーク(Spark)」と小型車「アベオ(Aveo)」のMT車の販売比率がそれぞれ15%、7%と高いほうだったが、スポーツユーティリティー車両(SUV)の「トラックス(Trax)は2%水準だった。

  韓国で手動変速機は冷遇されているが、欧州ではまだMT車が主流だ。グローバル会計法人「プライスウォーターハウスクーパース(PwC)」が昨年出した資料によると、2015年欧州で販売された車両のうち、自動変速機(オートマチックトランスミッション、AT)車両は312万台余り、MT車は1192万台余りで、MT車の販売台数がはるかに多かった。

  韓国でMT車が急速に消えつつある理由として、韓国特有の道路状況が真っ先に挙げられる。渋滞が激しいため、少し停車して出発するという動作が多く、丘や上り坂が多いため、運転に自信のない人がMT車を走らせるのは難しい側面がある。AT車の技術術が急速に発展して、価格と燃費の差が縮まったというのも理由の一つだ。

  しかし、韓国にもMT車だけが持つ魅力を求める人がまだ残っている。依然としてAT車に比べて100万ウォン(9万7800円)以上安い車両価格、10%程度優れた燃費、そして決め手となる「運転の醍醐味」のためだ。最近ではクラッチや加速ペダル、ギアを同時に操作しなければならないMT車が運転集中度を高めて事故確の率を減らすという意見も提起されている。AT車の左折・右折時の追突事故や交差点での追突事故の確率がMT車に比べて1.85倍高いという日本の大学の研究結果もある。

  また、高齢運転者の集中度下落に伴う交通事故と、最近しばしば発生する急発進事故をMT車の復活を通じて減らすことができるという主張も継続して出ている。クラッチとブレーキを一緒に踏まなければならないMT車の特徴上、急発進の誤作動が起きにくいためだ。

  このように、「MT車の動復活」を夢見る人も多いが、国内では買いたくても思うように手に入れられない状況だ。選ぶことができる車両があまりに少ないためだ。現代車の場合、中・大型商用車を除く全体21種の車両のうち、MT車の選択が可能な車両はアクセント(Accent)やアバンテ(Avante)など6種、起亜車もモーニング(Morning )やレイ(Ray)など6種のみだ。韓国GMも、手動変速機を装着したモデルはスパーク・アベオ・トラックスがすべて。

  このため消費者の選択権を過度に制限しているという指摘も出ている。先日、MT車を購入しようとしてあきらめた自営業者ソ・ジョンフンさん(31)は「MT車で運転の方法を習ったので、運転する楽しみもあり購入を決めて探してみたが、選択肢があまりに狭くて結局断念した。MT車を望んでいる人々も依然と存在しているのに、購入したいと思う車があまりになさすぎて残念だ」と話した。

  その自動車業界からもそれなりに言いたいことがある。韓国自動車産業協会の関係者は「AT車の登場以降、MT車の需要が徐々に減少したため、自然にMT車も減少するに至った。MT車を探す人々の不満も分からなくはないが、企業の立場からはどうしても生産の種類を単純化させるほうが有利なうえ、需要も少ないので車種を増やすことは難しい」とコメントした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事