チョン・ジヒョン「私も運命的な愛信じています」日本で会見

チョン・ジヒョン「私も運命的な愛信じています」日本で会見

2006年03月23日15時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  日本で大人気を博した『私の頭の中の消しゴム』の鄭宇成(チョン・ウソン)と『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』の全智賢(チョン・ジヒョン)がW主演し公開前から話題となっている映画『デイジー』の記者会見が22日午後、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた。

  会見には『無間道』シリーズで有名な香港の監督アンドリュー・ラウ(劉偉強)をはじめチョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェが出席。ロケ現場でのエピソードを尋ねられたチョン・ウソンが「オランダで撮影していた当時、実際に狙撃事件が起きたが、私が暗殺者役を演じていたため、みんな私に事件の当時にどこにいたのか、と尋ねてきた」と話し、会見場に笑いが広がったりした。

  運命の人を待つ画家役を演じたチョン・ジヒョンは「私も運命的な愛を信じている。必ず(そんな愛に)出会いたい」と照れくさそうに語った。『デイジー』は男女3人の恋物語を描いており、韓国内では今月9日に公開された。日本では5月27日に公開の予定。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事