ドゥテルテ比大統領「金正恩は…」

ドゥテルテ比大統領「金正恩は…」

2017年08月03日08時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  フィリピンのドゥテルテ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長を「馬鹿(fool)」「「犬XX(son of bitch)」と強く批判した。

  2日のロイター通信などによると、ドゥテルテ大統領はこの日、全国に放送されたテレビ演説で「金正恩は危険なおもちゃを持って遊んでいる馬鹿だ」と述べた。続いて「あの太った顔は親切に見える。彼は犬XXだ」とし「もし彼が失敗を犯せば東アジアは不毛地になるだろう。この核戦争を止めなければいけない」と北朝鮮の核挑発を強く批判した。

  ドゥテルテ大統領のこのような発言は、今月6-8日にフィリピン・マニラで開催されるASEAN地域安保フォーラム(ARF)を控えて出てきた。フィリピンは今年、ASEANの議長国で、今回のARF行事には南北をはじめ米国、中国、日本、ロシアなど27カ国の外交トップが集まる。

  ドゥテルテ大統領は昨年、ラオスで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、オバマ米大統領との首脳会談を控え、「オバマ大統領は自分を何だと考えているのか。私は米国の操り人形ではない。(オバマ大統領が麻薬との戦争に言及すれば)『犬XX』と暴言を吐くだろう」と述べ、論議を呼んだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事