韓国では赤いちゃんぽん、日本では白いちゃんぽんが食べられている訳(1)

韓国では赤いちゃんぽん、日本では白いちゃんぽんが食べられている訳(1)

2018年02月23日14時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
討論会に先立ち公開された日本の長崎ちゃんぽん(左)と韓国式の赤いちゃんぽん。(写真提供=ダイアリーR)
  21日午後3時、ソウル西橋洞(ソギョドン)の中華料理「津津(ジンジン)カヨン」で「東アジアのちゃんぽんを語る」というイベントが開かれた。「文筆料理人」として有名なシェフのパク・チャニル氏が企画したこの日のイベントは、韓国と日本のちゃんぽんがどのように発展してきたかを語り合う場だった。パク・チャニル氏は「数年前に長崎でちゃんぽんを食べたが、食べ慣れた『赤いちゃんぽん』ではなく、色は白く玉ネギやたくあんもくれなかった。ソルロンタンのようで、うどんの麺を入れたものをなぜちゃんぽんと呼んでいるのか気になった」と話し始めた。また、「東アジア(韓日中3カ国)で人気のメニューだが、ちゃんぽんの根源を納得いくように説明してくれる資料がなく、一緒に集まって語り合う場を設けるきっかけになった」とイベントが開かれた背景を説明した。

  ◆韓日「ちゃんぽんの達人」が一堂に

  この日のイベントには2年連続「ミシュランガイド」で一ツ星を獲得した韓国の中華料理店「津津」オーナーシェフのワン・ユクソンさんと、長崎県雲仙市から来た「ちゃんぽん番長」の林田真明さんら韓国と日本の「ちゃんぽんの達人」が参加して各国のちゃんぽんについて語り合った。

  林田さんは温泉で有名な小浜町の役場に勤務する公務員だ。2000年以降、町を訪れる観光客が大幅に減り、町おこしのためにちゃんぽんに目をつけた。実際、小浜町は「ちゃんぽんの町」として親しまれている長崎に劣らないほどちゃんぽんで有名だ。林田さんは町にあるちゃんぽんの店の位置をまとめた地図をつくって宿舎に配布するなど、小浜町のちゃんぽんPRに尽力し、日本国内の各都市にある特色あるちゃんぽんを一つに集める行事も企画した。

  津津カヨンで開かれたイベント「東アジアのちゃんぽんを語る」の司会は食コラムニストのパク・ジョンべ氏が務めた。パク・ジョンべ氏は「行事が開かれる10日前、ちゃんぽんを勉強するために長崎に行ってきた」と紹介した。これによると、ちゃんぽんは初めから料理を指す言葉ではなかったという。日本では、1882年の文献に「ちゃんぽん」という単語が初めて登場するが、それぞれ異なる酒を混ぜたり他の医薬品を混合したりする意味で使われたという。パク氏は「韓国でも同じだった」とし「1963年、ある新聞に『ちゃんぽん内閣』という単語が登場した」と説明した。

  ◆中国式の肉ベースに海産物を加えた日本ちゃんぽん

  ちゃんぽんが料理名で呼ばれたのはいつからだろうか。日本では1899年にオープンした長崎ちゃんぽんの元祖「四海樓」から始まったとしている。当時、日本に留学に来ていた中国人留学生たちのために、同店の創業者・陳平順さんが中国の湯肉絲麺を基に麺が太いちゃんぽんを作った。中国の麺料理は豚肉スープがベースだが、四海樓は長崎の豊富な海産物をたっぷりと入れて作り、これが長崎ちゃんぽんのツールになった。

  反面、長崎から船で1時間ほど離れている温泉街・小浜町のちゃんぽんはまた違う。林田さんは「小浜ちゃんぽんは温泉に入りに来た観光客のために作られ、実際にもすしを食べた後にちゃんぽんを食べる。また、とんこつベースの長崎ちゃんぽんと違い、小浜では地域特産のイワシを入れて濃厚なスープの中にあっさりした甘みがある」と説明した。飾り付けに卵と華やかな色のかまぼこを添えて出すのも小浜ならではだ。

韓国では赤いちゃんぽん、日本では白いちゃんぽんが食べられている訳(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事