独島に行った日本人歴史学者・僧侶3人、「独島は韓国領土」

独島に行った日本人歴史学者・僧侶3人、「独島は韓国領土」

2013年05月24日09時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「竹島を反対する市民の会」会員3人が解放以後、日本人としては初めて23日、独島(ドクト、日本名竹島)を訪問した。ソン・ウンソク独島学堂広報委員、久保井則夫・元桃山学院大学講師、キム・ムンギル釜山外国語大学名誉教授、黒田伊彦・元大阪樟蔭女子大学講師、イ・グァンソプ独島警備隊長、一戸彰晃・雲祥寺住職(左側から)らが東島船着き場で「独島は韓国領土」と叫んでいる。(写真=独島管理事務所)
  日本人歴史学者と僧侶ら3人が23日、独島(ドクト、日本名竹島)を訪問して「独島は韓国領土」と宣言した。この日独島を訪問したのは久保井規夫・元桃山学院大学講師、黒田伊彦・元大阪樟蔭女子大学講師、一戸彰功青森雲祥寺住職ら「竹島の日を考え直す会」会員3人だ。この会には日本国内の歴史学者・宗教界・市民団体要人ら260人あまりが加入していて「竹島の日反対」「平和憲法改正反対」など日本の右傾化を批判する活動をしてきた。

  一行はこの日午前7時、鬱陵島(ウルルンド)のサドン港から市民団体「独島学堂」関係者と中国・モンゴル留学生ら19人と一緒にドルフィン号に乗って2時間あまりで独島に到着した。一行は東島船着き場に降り、イ・グァンソプ独島警備隊長と握手した後、太極旗を振って「独島は韓国領土」というスローガンを叫んだ。

  一般人の独島観光が拡大許可された2005年以降、独島に訪れた日本人は50人を超えるが市民団体会員らが訪問して「独島は韓国領土」と明らかにしたのは初めてだ。これに先立ち釜山(プサン)駐在日本総領事館は久保井元教授一行に数回電話をかけて「韓国領土から竹島に行くことは竹島が韓国領土であることを認めることとしてみられる」として独島訪問を引き止めたが、彼らは本来の計画の通り独島訪問を実行した。

  久保井元教授は「独島は日本が日露戦争を有利に導くために強制的に占領したところ」としながら「日本に戻って正しい歴史副教材を作るなど、独島が韓国領土であることを知らせるために先頭に立つ」と話した。彼は「文献だけで研究して実際きてみると独島が韓国領土ということが実感できる」として「私が運営している資料館には独島が韓国領土であることを明らかにする地図だけでも50点を超える」と付け加えた。

  一方、彼ら3人とともに入国した日本人一行のうち坂本悠一・元九州国際大学教授の独島訪問は成し遂げることができなかった。彼は鬱陵島サドン港で独島行きの船に乗る前「独島を韓国領土として見られない」という見解を明らかにして行事を主催した独島学堂側が乗船券を渡さなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事