韓日通貨スワップ拡大措置が終了…独島問題が影響?

韓日通貨スワップ拡大措置が終了…独島問題が影響?

2012年10月09日16時08分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国銀行(韓銀)と企画財政部が9日、韓日通貨スワップ拡大措置を延長しないことを決めたことに関し、韓国政府は拡大解釈を警戒した。

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は9日、記者に対し、「通貨スワップは(韓銀と企画財政部が)必要ないと判断し、延長しないことを決めたのではないだろうか」とし「韓日外交問題で解釈することではないようだ」と述べた。

  また「外貨準備高が3000億ドルに達するうえ、格付けも日本より高い」とし「外交安保レベルで韓日間の問題と見ることではない」と付け加えた。

  しかし韓日メディアは、独島(ドクト、日本名・竹島)問題で深まった両国間の外交葛藤が背景になったと分析している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事