「メガネ先輩」の涙…韓国女子カーリングチーム、指導者との葛藤を訴える

「メガネ先輩」の涙…韓国女子カーリングチーム、指導者との葛藤を訴える

2018年11月09日13時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国女子カーリングチーム。一番左側から時計回りに金恩貞、キム・ミンジョン監督、キム・チョヒ、金敬愛、金栄美、金善英選手。
  今年2月、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)は熱い勝負で国民に感動を与えた。だが、女子アイスホッケーに続きカーリングまで問題が噴出した。内部葛藤の溝は深かったことが一歩遅れて明らかになった。

  女子カーリングで銀メダルを獲得した「チーム・キム」は指導者との葛藤で辛い時間を過ごしていたと訴えた。慶北(キョンブク)体育会女子カーリングチームの金恩貞(キム・ウンジョン)、キム・ヨンミ、キム・ギョンエ、キム・ソニョン、キム・チョヒは、最近、大韓体育会の李起興(イ・ギフン)会長に要請文を送って「金敬斗(キム・ギョンドゥ)前大韓カーリング競技連盟副会長とキム・ミンジョン、チャン・バンソク監督のサポートを受けながら高いところまで登ってくることができたが、いつからか私的な目標に利用される状況が生じ、苦痛を受けた」としながら指導者の交代を嘆願した。金前副会長は慶北体育会の「カーリング代父」と呼ばれ、キム・ミンジョン監督とは父娘関係にある。

  チーム・キムは要請文を通じて5つの事案を主張した。1つ目は「チームの私有化」だ。チーム・キムは「2017年国家代表第1次選抜戦当時、キム・チョヒ選手をキム・ミンジョン監督と交代しようとした。キム・チョヒにミックスダブルス選抜戦に出場するよう強要した」と主張した。

  2つ目は「監督の資質」だ。チーム・キムは「キム・ミンジョン監督は訓練にあまり参加せず、選手の訓練に関与しなかった。監督が思うようなウンポジションで、完全に新しいチームだけ構成しようとした」とした。

  3つ目は「選手の人権」だ。チーム・キムは「金敬斗教授はキム・チョヒを誹謗中傷した」と主張した。特に、「メガネ先輩」として大きな人気を集めたスキップ(主将)の金恩貞(キム・ウンジョン)が今年7月に結婚してから不合理な扱いを受けたと説明した。チーム・キムは「本来、カーリングチームはスキップの名前を取ってチームの名前を決めるのが世界的な慣行だ。ところが選手たちに『金恩貞チーム』という言葉が出ないようにした」としながら「結婚を理由に、金恩貞をチームから外そうとした。スキップと主将の役割を分離して、チーム内の位置づけを弱めようとした。チームの練習に同行できないようにして、一人で練習させた」とした。

  4つ目は、選手団と大韓カーリング競技連盟および義城郡(ウソングン)の不和を生じさせていると考えると伝えた。5つ目は「金銭関連の部分」だ。チーム・キムは「2015年から賞金を獲得する目的で全世界カーリングツアー大会に多く出場して好成績を収めた。選手たちが記憶しているところでは、2015年だけで国際大会で6000万ウォン(約607万円)以上の賞金を獲得し、その後も何度も賞金を獲得したと思うが、今まで選手たちにたった一度も賞金を配分したことがない」とした。

  金前副会長の暴言などに対して、チャン・バンソク監督は「そのような事実はない。国家代表選抜戦は意図的に参加しなかったのではなく、連盟の公告が遅れて急に決定した。賞金が振り込まれた通帳も、名義こそ金敬斗前副会長だが、チーム共用の通帳だった。賞金はツアー参加費や外国人コーチ費用などに使われた」と主張した。チャン監督は慶北体育会名義の通帳や7月3日精算後の選手たちの署名部、選手たちと自身のメッセンジャーの対話内容なども公開した。

  平昌五輪女子アイスホッケー合同チームは5戦全敗だったが、南北が和合する姿を全世界に見せた。だが、合同チームを指導したサラ・マレー監督(30、カナダ)と韓国選手団の間に不和が生じていたことが先月に公開的に知らされた。

  マレー監督は2014年9月、韓国女子アイスホッケー代表チームの監督に就任した。北米アイスホッケーリーグ(NHL)の監督だったアンディ・マレー氏の娘であるマレー監督は、ラインをあまりにも頻繁に変えすぎ、初歩的な訓練だけを繰り返しているという評価を受けた。選手たちが監督の指示ではなく自分たちで作戦を立てて競技に臨んでいるという話も出てきた。選手たちがマレー監督の指導の仕方と選手起用に強い不満を持っているのはアイスホッケー界の公然の秘密だった。

  結局、今年4月にイタリアで開かれた国際アイスホッケー連盟(IIHF)世界選手権ディビジョンIグループ(3部リーグ)を控えて韓国選手は練習をボイコットした。「監督交代声明書」を作成し、平昌五輪出場選手23人の大部分がマレー監督再契約反対書簡にサインをした。

  大韓アイスホッケー協会は論議の末に契約期間が今年4月だったマレー監督と再契約をしなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事