「人口の3分の2が毎年海外旅行…韓国は最もホットな市場」

「人口の3分の2が毎年海外旅行…韓国は最もホットな市場」

2018年10月11日13時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国最大手OTA(オンライン旅行会社)で、ナスダック時価総額基準で世界2位となる「Ctrip(シートリップ)」がアジアで初めて韓国で顧客センターをオープンする。シートリップグループのCEO、孫潔(ジェーン・スン)氏は10日、ソウル・ウェスティン朝鮮ホテルで行った記者懇談会で「今月中にソウル鍾路(チョンノ)タワーに韓国人相談員200人規模の顧客センターをオープンする」として「世界化と現地化を結び付けたグローカライゼーション(G localization)をソウルで披露するだろう」と話した。孫氏は「韓国顧客の76%は電話でフィードバックをするが、これは他の国に比べてはるかに多い割合」としながら「韓国消費者の苦情を早く受け付け、解決するために24時間で運営する」と話した。

  韓国への投資は中国に本拠地を置くシートリップが世界的な企業として生まれ変わるための布石に読まれる。最近、シートリップ(Ctrip)の「シー(C、china)」を消した「トリップドットコム」(trip.com)ブランドを前面に出したのもそのためだ。実際、孫氏は約1時間の発表と質疑応答で「シートリップ」という言葉はほぼ使わずに「トリップドットコム」を強調した。

  孫氏は「韓国はオンライン旅行業界で最もホットな市場」としながら「トリップドットコムのブランドから始まるシートリップの世界参入の拠点になるだろう」と話した。シートリップは航空・ホテルなどを一度に予約するトリップドットコムのブランドを昨年11月、ローンチした。

  ソウルに目をつけたのは韓国がそれだけ魅力のある市場であるためだ。孫氏は「韓国は人口の3分の2が毎年海外旅行に行く。また、韓国消費者のモバイルサービス利用率は73.8%で、全世界の平均である68%を上回っている」とし「早いサービスと効率を重視する韓国消費者にトリップドットコムならではの特化したサービスを提供するだろう」と話した。

  また、韓国市場での成長の勢いについて「毎年三桁(100%)以上の成長を見せている。特に、2016年、スカイスキャナーを買収した後、航空券予約市場で大きく成長した」と話した。だが「具体的な数値を明らかにすることは難しいが、まだ韓国内市場シェアが一桁(10%未満)にとどまっている」と話した。

  トリップドットコムは航空券予約を土台にホテル・アクティビティー・レンタカーまでサービス領域を拡張していくという計画だ。孫氏は「消費者が旅行のために家を出て再び家に帰るすべての動線に必要な旅行サービスをアプリ一つに入れる」とし「韓国市場でこれを実現したい」と話した。ネイバー・カカオなど韓国のオンライン強者とも手を握る。これに先立って、トリップドットコムは海外オンライン旅行会社で初めて5月からネイバーペイ(Naver Pay)を導入し、2016年韓国ウォンの決済サービスを始めた。

  1999年設立されたシートリップは2013年、ナスダック上場当時の時価総額が2億ドル(約244億円)だったが、現在200億ドルになった。昨年、取り引き額は880億ドル、売り上げは41億ドルに達する。2005年、シートリップに合流して会社の成長に大きな役割を果たした孫氏は,

  米国で会計士として働いたことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事