韓半島「8月危機説」…米原子力空母2隻同時派遣か

韓半島「8月危機説」…米原子力空母2隻同時派遣か

2017年08月03日08時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓米軍当局が今月中旬に米国の原子力空母2隻を韓半島(朝鮮半島)近隣海域に展開することを検討中だと、軍消息筋が2日伝えた。

  軍消息筋は「大陸間弾道ミサイル(ICBM)級『火星14』発射に続き、北の追加挑発の可能性が高まっている中、これを抑止する武力示威レベルで21日の乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)演習前に空母2隻を展開することを米国側と議論している」と述べた。続いて「平時に空母2隻が同時展開することは多くない」と話した。UFGは毎年秋に韓国政府と韓米軍当局が参加する官・民・軍訓練。北朝鮮の6回目の核実験など韓半島危機説が浮上していた5月31日にも韓半島近隣海域で「カール・ビンソン」(CVN-70)と「ロナルド・レーガン」(CVN-78)が合同訓練を行っている。

  米海軍は今年、「ニミッツ」(CVN-68)、「カール・ビンソン」、「ロナルド・レーガン」の空母3隻を有事の際に韓半島に投入する戦力に指定した。現在「ニミッツ」はペルシア湾に配備され、「ロナルド・レーガン」は豪州で豪州海軍と連合訓練を終えて北上中だ。今年韓国を2回訪問した「カール・ビンソン」は母港の米サンディエゴにある。現在としては「ニミッツ」と「ロナルド・レーガン」の展開が有力だ。

  「ロナルド・レーガン」は横須賀を母港とする。全長333メートル、排水量10万2000トンの大型空母だ。サッカー場3面分に相当する広さ1800平方メートルの甲板に航空機約80機を搭載している。中小国の空軍力に匹敵する規模であり、「海に浮かぶ軍事基地」と呼ばれる。このような空母2隻が集まれば、イージス巡洋・駆逐艦10隻以上、原子力潜水艦3隻以上と同行しながら戦闘機160機以上とトマホーク巡航ミサイル100発以上の戦力を保有することになる。

  また米太平洋司令部はウィスコンシン州防衛空軍所属176戦闘飛行隊が近く韓国で4カ月間の循環勤務に入ると明らかにした。この飛行隊は地上軍に対する火力支援(CAS)専門だ。米空軍は先月、カリフォルニア州でB-52H戦略爆撃機を動員し、ビラ爆弾投下訓練を実施した。ビラ爆弾の内部には6万枚の心理戦用ビラが入る。当時、北朝鮮を対象にした訓練という見方があった。

  米軍の動きが活発になり、韓半島8月危機説が浮上している。北朝鮮は4月の米中首脳会談(6-7日、現地時間)前後と20日に核実験を敢行しようとしたが、中国の引き止めで実施されなかった。しかし4月危機説の原因である核実験より8月危機説を招いたICBMを米国はより深刻に受け止めているという意見もある。シン・ウォンシク元合同参謀本部次長は「核実験は米国にとって対岸の火事かもしれないが、米本土を打撃できるICBMは重大な脅威」と話した。

  これに関し金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官はこの日、「4月危機説のように8月危機説は微弱だというのが政府の立場」と述べ、鎮火に動いた。シン元次長も「米国が北に対する軍事的行動をとるには、まず韓半島に相当な戦力を移さなければいけないが、まだそのような姿は見られない」と述べた。

  ◆李恵薫代表、国防部からTHAAD報告受ける

  李恵薫(イ・へフン)正しい政党代表は2日、「在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)が、小規模環境影響評価が終わる8月中旬に配備される可能性があるという報告を(国防部から)受けた」と明らかにした。

  政府は当初、すでに配備したレーダー1基と発射台2基のほか、追加の発射台4基は一般環境影響評価後に配備する予定だった。しかし先月28日の北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」発射直後、臨時配備することを決めた。

  一方、青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこの日、社会革新首席室所属の行政官2人をTHAAD配備場所の慶尚北道星州(ソンジュ)に送り、反対する住民に対する説得を始めた。主務部処の国防部だけに任せず、青瓦台が葛藤の調整に動き出したのだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事