【コラム】強みの多い韓国のスタートアップ…第4次産業革命韓流を率いる

【コラム】強みの多い韓国のスタートアップ…第4次産業革命韓流を率いる

2017年05月11日13時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ブラジルのスタートアップアクセラレーター(新生ベンチャー企業発掘・支援機関)のスタートアップファームのアラン・レート最高経営責任者(CEO)がこのほど訪韓し、韓国市場を一緒に視察した。この機関はこれまで249社のスタートアップを育成し、その企業価値は総額1兆ウォンに達する。南米最高の眼識と実績だ。

  そんなレート氏が地球の反対側まで一気に飛んできた理由は、韓国のスタートアップ市場がそれだけ魅力的であるためだ。まず技術力が優れている。創業支援空間であるDキャンプ、グーグルキャンパスソウル、スパークラボなどを訪問し多様な韓国スタートアップに出会ったが、優れた技術力、研究成果に驚きを禁じ得なかった。ブラジルのスタートアップは一般的にサービス業が中心だが、韓国のスタートアップは技術関連会社も多い。スタートアップが成功するには良いアイデアだけでなく技術力も重要だが、韓国はこうした点で特に強い。製造分野と密接な関連を結んでおり、試作品もすぐに作れる。

  2番目に、多様な創業奨励支援策と優れた人材プールだ。京畿(キョンギ)創造経済革新センターを訪問した時、韓国政府と自治体、民間が互いに力を合わせて成果を出す姿が印象的だった。有望スタートアップを発掘したり多様な大会で選抜した後に多方面で支援する政策も体系的に整えられていた。3番目に、大学でも創業を奨励して教育機会を提供し、革新人材育成に力を傾けていた。このように長所が多い韓国スタートアップは新しい韓流として海外に進出できるだろう。韓国の雇用創出と経済発展に寄与するだけでなく、世界の第4次産業革命を主導的に率いることができると期待する。

  韓国スタートアップの海外進出で最も重要なのは現地市場に対する理解と適切な現地化戦略だ。同じ技術を持っていても現地の状況に合わせ国別に少しずつ異なるサービスと新製品を出せる応用力が重要だ。このためには現地消費者・投資家が望む点を正しく理解し、それにともなう差別化要素を見つけなくてはならない。単純に言葉だけ堪能な人ではなく両国の市場と文化に対する深い理解があるグローバル人材が必要な理由だ。海外進出を単純に市場拡大の機会とだけ考えず、現地企業と人材を引き込む新しいパートナーシップ構築過程とする知恵も必要だ。こうした点をしっかりと補完するならば韓国の革新的で挑戦的なスタートアップは未来の第4次産業革命を牽引していく主役になるだろう。その優れたアイデアが韓国を超え世界を驚かせるその日が待たれる。

  カルロス・ゴリト(ブラジル人、『非首脳会談』元出演者)

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事