韓中議員が初めて「盤上外交戦」

韓中議員が初めて「盤上外交戦」

2013年08月12日15時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
元裕哲(ウォン・ユチョル)韓国国会棋友会会長
  韓国と中国の立法府が12-14日、中国・北京の人民政治協商会議(政協)会館で囲碁大会を開く。韓中史上初の議員「盤上外交戦」だ。

  今回の交流戦には韓国側から団長の元裕哲(ウォン・ユチョル)国会棋友会会長と議員10人が参加する。中国側からは孫懐山政協常務副秘書を団長として全国人民代表大会(全人代)および政協の委員ら約10人が参加する。

  大会は団体戦で行われる。

  梁宰豪(ヤン・ジェホ)韓国棋院事務総長、チョ薫鉉(チョ・フンヒョン)国手、劉昌赫(ユ・チャンヒョク)9段と中国の聶衛平9段など、両国のプロ棋士と議員が一緒にする対局もある。韓国国会議員が第15、16代当時、日本と「韓日議員囲碁大会」を開いたことはあるが、中国との囲碁交流は今回が初めてとなる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事