韓国公正取引委員長「現代車、今のように時間を無駄遣いすればサムスンのようなリスクに直面」

韓国公正取引委員長「現代車、今のように時間を無駄遣いすればサムスンのようなリスクに直面」

2017年09月01日17時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金尚祖公正取引委員長。(写真=公正取引委員会)
  金尚祖(キム・サンジョ)公取委院長が現代車グループに向かって「今のように時間を無題使いすればサムスンのようなリスクに直面するだろう」と警告した。

  金委員長は1日、韓国日報とのインタビューで現代車の循環出資構造に関連した外信の指摘に対してこのように明らかにした。

  金委員長は「大多数が現代車の支配構造リスクとして循環出資構造を挙げるが、私が指摘したい現代車の「ビッグ(big)リスク」は支配構造の改善や事業方向に関していかなる決定を下していないということ」と説明した。

  また、「会長をトップに置いてすべての家臣グループが会長を支える構造が形成され、事業構造や支配構造の変化のためにいかなる決定も下していない」と指摘し「サムスンもそのように時間を過ごして突然、トップが病床に伏せたところ、結局副会長が監獄に行くことになった」と話した。

  同時に「2011~2012年、現代車の事業が好調だった時、支配構造の改善に向けた『アクション』を取るべきだったが、そうしなかった」とし「それほど長くは待てないというメッセージをすでに数回にわたって繰り返している」と強調した。

  また、キム委員長は「今の現代車が直面している支配構造とビジネスリスクが何かを判断し、解決方法を悩まなければならない」として「鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長が積極的に活動できる環境が作られ、最高経営者(CEO)として価値を作っていかなければならない」と指摘した。

  一方、金委員長は韓国日報とのインタビューでサムスン・現代車・SK・LGなど財閥グループに向かって「12月までに肯定的な変化や改革への意志を見せない限り、『構造的処方』に出るしかない」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事