日本から来たイルカ、2カ月で死んだ理由は?

日本から来たイルカ、2カ月で死んだ理由は?

2010年02月04日15時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  水族館のイルカが死んだのは水槽のためだという見方が出ている。昨年12月14日午前8時、蔚山(ウルサン)長生浦クジラ生態体験館のイルカ1頭が水族館の水槽に沈んで死んでいた。 2カ月前に日本から移送されてきた7歳の雌イルカ「ゴイプン」だった。 口・背・生殖器には一緒に飼育していたイルカの歯形が残っていた。 解剖検査をした建国(コングク)大学獣医学部は全身性敗血症と診断した。

  南区庁は飼育の委託を受けたH社を相手取り7100万ウォン(約560万円)の損害賠償請求訴訟を蔚山地裁に起こした。 「1週間ほどエサを食べないなど異常がはっきりしていたにもかかわらず特別な措置を取らなかった責任を取るべきだ」と主張した。

  しかしH社の下請けを受けてイルカを飼育していた(株)マリンパークのキム・チョルウ代表(39)は「区庁が壮年期の雄と幼い雌を同じ水族館で飼育することを決めたのが原因だが、責任を私たちに転嫁している」と反論している。

  「水族館には雌2頭(10歳、7歳)と雄2頭(10歳、5歳)が飼育されていた。 力の強い10歳の雄イルカは7歳の雌イルカと、無力な5歳の雄イルカは10歳の雌イルカとペアになった。 しかし10歳の雄イルカが発情し、無理に交尾を試みた。 生殖器にある歯形がその証拠だ。 これを耐えられなかった7歳の雌イルカが1週間もエサを拒否した。 死因の敗血症は過度なストレスで免疫力が落ちることで発生する病気だ。 ソウル大公園ではこうした発情事故を防ぐために最近は雄だけを購入して飼育している。 済州道(チェジュド)パシフィックランドでも雌より大きくて力強い雄を一緒に水族館には入れない」。キム代表の主張だ。

  これに対し南区庁クジラ観光課のカン・ジュンヒ係長は「水槽のためか管理のためかは裁判所が判断する」と述べた。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事