マラリア患者が増加

マラリア患者が増加

2005年08月24日17時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  最近、京畿道(キョンギド)と仁川市(インチョンシ)北部地域を中心にマラリア患者が急増している。

  疾病管理本部は、年初から今月22日までに発生したマラリア感染患者数は635人にのぼり、前年同期の574人に比べ10.6%増えたと、24日、明らかにした。

  休戦ライン近隣地域で主に発生するマラリアは、00年まで毎年増加しながら4142人に達したが、01年から始まった防疫事業で昨年は864人に減少した。

  しかし今年は仁川市西区(ソグ)で15人(前年同期間は6人)、江華郡(カンファグン)で64人(前年同期間は29人)の患者が発生するなど、大幅に増えている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事