4minute解散後ソロで活動始めたヒョナ「セクシーであることは祝福であり難点」

4minute解散後ソロで活動始めたヒョナ「セクシーであることは祝福であり難点」

2016年08月02日11時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
5thミニアルバムを手にカムバックしたヒョナは「夏に歌を出すたびに多くの方から応援していただいた。ヘルシーなセクシー美をお見せしたい」と話した。(写真=キューブエンターテインメント)
  歌手ヒョナ(24)の普段の声は中低音に近い。ハスキーなくらいだ。特有の愛嬌がミックスしたハイトーンの声は歌を歌っているときによく耳にすることができる。

  1日に発売した5thミニアルバム『A’wesome』のタイトル曲『How’s This』のリフレーンを歌っている時、電子音のようなその高音を聞くことができた。

  先月28日、ソウル聖水洞(ソンスドン)キューブエンターテインメントで会ったヒョナは「ステージは3分という時間に一曲を演じること」と話した。ヒョナは「ステージの外では今にも眠たそうな人みたいにしているがどれも全部私」と話した。デビュー10年目の歌手の計算された慣れといおうか。ステージの上とそれ以外の姿が違うことを進んで認めた。むしろ「『ヒョナにもこんなところがあるんだね』といってくれる人が多くなって嬉しい」と付け加えた。

  2007年にWonder Girlsでデビューしたヒョナは脱退後、グループ4minuteのメンバーとして7年間活動した。4minuteはことし6月に突然解散した。5人のメンバーのうち再契約したメンバーはヒョナだけだった。いろいろな説が飛び交った。会社内部の経営権争いでとばっちりをうけた結果というのもその一つだ。

  「7年間同じ夢を見て歩んできたメンバーが、各自の活動を応援しなければならない状況になりました。すんなり受け入れにくい状況ですよね。会社も落ち着かないし。私一人では解決できず、5人の共同体が一緒に決断しなくてはいけませんでした。4minute以降の延長線上として見ていただければ。解散以降、メンバーに連絡したかですって? していません。誰にも。仕事に専念しました」。ヒョナはK-POP界の代表的なセクシーアイコンだ。『Bubble Pop! 』『Red』など夏にリリースしたダンス曲で人気を呼んだ。

  ヒョナは「子供のときからセクシーだったとよく言われたし今もそう言われる」とし「女がセクシーだというタレントを持っているというのは祝福であり難点でもあるが、期待に応えられるように管理したい」と話した。

  ヒョナは今回のアルバムに収録された6曲のうち5曲で作詞家として参加した。ソンウ・ジョンア、キム・アイルらとの交流も新しい。「ライブができない、歌も消化できないと多くの方が心配して下さいました。私もよく知っています。完ぺきな姿より前のアルバムよりも成長したところをお見せする努力をしてきたし、そうするうちに実力に対する欲望も生まれました」。

  言葉の端々から気丈さが感じられた。ヒョナは「大変だと言った瞬間にその考えに支配され、本当に辛くなりそうなのでそういう表現はあまり使わないようにしている」と打ち明けた。また、セクシーなことについては「仕事的に理由がある時はセクシーで、ない時はただいやらしいだけ」という持論も披露した。最近になって初めて体験することが多くなったというヒョナは「最もホットなこと、最もホットな人と疎通して音楽をやっていきたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事