【コラム】人口問題、20年後からの警鐘=韓国(1)

【コラム】人口問題、20年後からの警鐘=韓国(1)

2014年11月20日10時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の人口危機感は、韓国とは比べものにならない。6年前の1億2808万人をピークに減少傾向だ。今の傾向ならば2050年には1億人を、2100年には5000万人を下回る(国立社会保障人口問題研究所)。100年以内に人口が40%も減るということだ。人口推計は、未来予測の中で最も正確だという。日本は1989年に合計出産率(女性1人が一生のうちに産む子供の数)1.57のショック以来、さまざまな対策を全て使ったが子供の人口減少(少子化)を防ぐことができなかった。若い女性の未婚・晩婚、低調な合計出産率(昨年1.43)が固定化された。若い層は減るのに65歳以上の高齢者比率は世界最高だ。国力衰退の悪循環に陥った。

  安倍晋三内閣がここに対抗して新しいアプローチを始めた。人口対策を国土バランス発展と組み合わせている。東京一極集中の解消と地方再生を通じて人口減少を防ぐという実験だ。アベノミクス、歴史修正主義、積極的な安保政策の影に隠れて韓国には浮き彫りになってこなかった戦略だ。新たな政策のきっかけは、今年5月に出てきた政策提言機関である日本創成会議の報告書だ。増田寛也・元総務相が座長をつとめた。結論は地方の消滅だ。2010~2040年に全体の市区町村1799カ所(福島市除く)の半分である896カ所が人口減少で存立できないとしてリストを公開した。2040年に人口が1万人にもならない地方自治体も523カ所と推算された。

  地方の20~39歳の女性が、首都圏をはじめとする大都市に移って半減することが最大の原因として挙げられた。その末路は大都市圏だけが残る極点社会の到来だと増田氏は指摘する。だが大都市圏の出産率は地方よりも低く、全体人口が減るほかはない。自然に若い女性の大都市圏流出を防ぐための魅力的な地方中核都市の建設が解決法として提示された。地方自治体全体ではなく中核都市を人口防衛ラインとする、選択と集中方式だ。

【コラム】人口問題、20年後からの警鐘=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事