韓国の国会外交統一委、日本糾弾決議案を議決

韓国の国会外交統一委、日本糾弾決議案を議決

2013年04月26日15時34分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の国会外交統一委員会は26日、全体会議を開いて「日本の閣僚らの靖国神社参拝および侵略戦争の否認妄言の糾弾決議案」を与野党合意で議決した。

  この決議案は同日中に本会議に上程されて採択されると予想される。

  決議案は「日本の非理性的妄動と妄言は、未来志向的な韓日関係の構築と東北アジアの平和定着に深刻な否定的影響を招く外交的挑発行為という点で、これを強く糾弾する」と明らかにした。

  決議案はまた「日本の責任ある人々が、これ以上太平洋戦争の戦犯を参拝する非理性的妄動と否定できない過去を否定しようとする愚かな妄言を中止して、日本の過去について徹底的に反省して真心からわき出る謝罪を表明すること」を促した。

  韓国政府に対しては「すべての外交的手段を動員して、実質的で効果的な強い措置を取ること」を要求した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事