エンフバヤル前モンゴル大統領が韓国亡命

エンフバヤル前モンゴル大統領が韓国亡命

2014年10月06日11時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ナンバリーン・エンフバヤル前モンゴル大統領(56)が最近、韓国に亡命したと、韓国政府当局者が明らかにした。外国の元・現国家元首が韓国に亡命したのは初めて。エンフバヤルの亡命は、大統領時代の腐敗容疑で退職後に有罪判決を受けたことと関係があると推定される。

  エンフバヤルは2005-2009年にモンゴル大統領を務めた。ソ連マクシム・ゴーリキー文学大学と英リーズ大学で修学した後、1980-90年代に詩人兼翻訳家として活動した。92年に国会議員に当選し、政界に進出、文化部長官(92-96年)を務めた。その後、人民革命党(MPRP)総裁を経て首相(2000-2004年)、国会議長(2004-2005年)を歴任し、2005年5月に野党だった人民革命党の候補としてモンゴルの第3代大統領に当選した。モンゴルで3大要職である大統領と首相・国会議長をすべて務めた最初の人物だ。

  左派政党出身で大統領になったが、在任期間は社会主義国だったモンゴルを自由民主主義国に変える路線を歩んだ。ロイター通信はエンフバヤルを「アジアのトニー・ブレア」と呼んだ。米国は2億8500万ドルの援助を彼に提供した。

  しかし2009年の大統領選挙で再選に失敗した。モンゴル反腐敗捜査局(IAAC)は2012年4月に彼を逮捕した。国有資産の工場やホテルを違法に自分の家族の所有にした容疑だった。当時エンフバヤルは「私だけの問題ではなく、モンゴル政界全般の慣行だった」とし、政治弾圧だと主張した。同年、国会議員選挙に出馬しようとしたが、裁判所の要請を受けた選挙管理委員会によって立候補を拒否された。拘束期間中は断食闘争をし、彼と親しい潘基文(パン・ギムン)国連事務総長がモンゴル大統領に電話をかけて善処を訴えたりもした。

  エンフバヤルは最終審で職権乱用などの容疑で2年6月刑を言い渡された。その後、収監期間の大半を政府高官を治療する第2総合病院で過ごし、昨年8月に健康上の理由で大統領赦免を受けた。

  エンフバヤルはその後、主に韓国に滞在し、治療と対外活動を続け、最近、家族とともに韓国国籍を取得した。エンフバヤルは大統領在任中、韓国と格別な友好関係を維持した。何度も韓国を訪問し、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)・李明博(イ・ミョンバク)大統領に対し鉱山開発など共同事業を提案した。仏教信者として2006年に韓国で万海大賞(布教部門)を受けた。2007年には西庵孝行賞を受賞した。

  エンフバヤルの韓国亡命は先月、モンゴル現地のメディアで初めて報道された。しかし人民革命党事務総長がこれを否認し、モンゴル内でイシューになってはいない。エンフバヤルは現在、人民革命党の総裁であり、韓国国籍取得はモンゴルで敏感な問題になるしかない。現地メディアは当時、モンゴル政府がエンフバヤルの国家不動産不法取得容疑に対する再告訴する可能性がある点を亡命の背景に挙げた。韓国政府の関係者は「エンフバヤルは現在の赦免された状態であり、韓国国籍の取得に両国間の法的問題はない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事