TWICE、初の単独コンサート開催

TWICE、初の単独コンサート開催

2017年02月20日11時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
17日から初の単独コンサートを開始したTWICE。左側からミナ、ダヒョン、ツウィ、ジョンヨン、ジヒョ、モモ、チェヨン、サナ、ナヨン。(写真=JYPエンターテインメント)
  今韓国で最も旬のグループ、防弾少年団とTWICE(トゥワイス)が先週末そろって単独コンサートを開催した。防弾少年団はソウル高尺(コチョク)スカイドームで18~19日の2日間で4万人、TWICEはソウル・オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で17~19日の3日間で1万5000人のファンとそれぞれ会った。昨年末の各授賞式で大賞をさらったTWICEのチャームポイントは何だろうか。公演現場の様子を伝えたい。

  防弾少年団が強力なコアファンを中心にスタートし、徐々に大衆へとファン層を広げてきたとすると、9人組ガールズグループTWICEはこれとは正反対のアプローチ法を取った。ケーブルチャンネルMnetのサバイバル番組『SIXTEEN』を通じてガールズグループの結成過程をすべて公開しながら身近なイメージに先に打ち出したTWICEは、このような認知度をテコに音盤を発表した。

  先行ラウンドから脱落していたツウィとモモが追加で合格したことをめぐり論争もあったが、結果は大成功。2015年10月に発表したミニアルバムのタイトル曲『LIKE OOH-AHH』をはじめ、翌年『CHEER UP』から『TT』まで3連続で成功を収めた。アイドル専門ウェブマガジン「Idology」のミミョ編集長は「他のガールズグループがセクシーコンセプトに集中している時に、ラブソングではなく応援歌のようなエネルギーあふれる歌と、それに合ったポイント振りつけが功を奏した」とし「JYPのインフラとパク・ジニョン・プロデューサーの経験、企画力が際立った結果」と評価した。そのおかげで、少女時代を前面に出したSMと2NE1(トゥエニィワン)をヒットさせたYGがそれぞれ次世代ガールズグループRed VelvetやBLACK PINKを世に送り出して世代交替に成功する一方で、JYPもTWICEがWonder Girlsを引き継ぐガールズグループの役割をしっかりと果たしながら「ガールズグループ名家」としての地位を揺るぎないものにすることができた。

  TWICEはデビュー1年でゴールデンディスクのデジタル音源部門大賞などを受賞して「音源強者」としても有名だが、アルバム販売高でもかなりの好成績を収めている。5万枚売ってもヒットと見なされるガールズグループ音盤市場で、『TT』が収録された3rdミニアルバム『TWICEcoaster:LANE1』は35万枚が売れた。10日にスペシャルアルバム『TWICEcoaster:LANE2』の予約販売が始まると、音盤会社サイトのサーバーが麻ひするなど関心を一身に集めている。

  初の単独コンサートとなる「TWICE 1ST TOUR TWICELAND -The Opening-」の19日公演は、グループ名そのままに、聞く楽しみと見る楽しみをどちらも満足させるようなステージがアンコールまでの約4時間、続いた。カボチャの馬車の形をしたスクリーンとカラフルな小道具などで遊園地さながらに作られたTWICEランドは、老若男女さまざまな年齢帯の観客が一カ所に集まり、多彩な舞台を一緒に楽しんだ。

  ユニット別ステージはかわいいだけがすべてではないことを見せた。EXOの『OverDose』のような迫力あふれるボーイズグループのカバーステージから日本アニメ『カードキャプターさくら』や『セーラームーン』の主題歌を歌う姿は今後の無限大の可能性を見せた。デビュー前にサバイバル番組で歌った『おかしくなったみたい』と『もう一度言って』のパフォーマンスも初めて公開し、初コンサートの意味を加えた。「想像していた瞬間が現実になるなんて夢みたい」(ジョンヨン)というTWICEは、新曲『Knock Knonk』で4連続ヒットに挑戦する。今回もストリーミング1億再生回数とプロモーションビデオ1億再生回数を達成してガールズグループの歴史の新たな1ページを加えることができるだろうか。今後が期待される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事