韓国の海外求職者の成功率20%…「日本就職が最も多い」

韓国の海外求職者の成功率20%…「日本就職が最も多い」

2018年10月11日10時57分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の海外求職者10人中8人は就職に失敗したことが分かった。

  11日、就職ポータルサイトのインクルートによると、韓国産業人材公団の海外就職総合統計を分析した結果、昨年の海外就業者数は計5118人で、全体の求職登録人員(2万2997人)の22.3%にとどまった。

  海外就業者数は2014年1679人から2017年5118人へと約3倍増加したが、就職成功率は高くない。

  就職に成功した国家別では日本が1427人で最も多く、米国(1079人)が2位、シンガポール(505人)が3位となった。

  業種別では事務・サービス業が3419人で、全体就業者のうち66.8%を占めたことが分かった。後に続いてIT(814人)、機械・金属(177人)の順だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事