韓国国民66%「平昌冬季五輪、成功裏に開催するだろう」

韓国国民66%「平昌冬季五輪、成功裏に開催するだろう」

2017年09月29日10時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
平昌冬季五輪開閉会式が開かれる五輪プラザ開閉会式場
  韓国国民3人中2人が来年2月の江原道平昌(カンウォンド・ピョンチャン)・江陵(カンヌン)で開かれる2018年冬季五輪に対して成功裏に開催すると見通した。文化体育観光部は世論調査専門会社である㈱メトリックスに依頼して29日、第4次「平昌冬季五輪および冬季パラリンピックに対する国民世論調査」の結果を発表した。アンケート調査結果、平昌冬季五輪と冬季パラリンピックの成功的な開催展望に「成功するだろう(52.0%)」と「非常に成功するだろう(14.6%)」が66.6%に達したことが分かった。これは第1次調査で5.1%、第2次調査で62.9%、第3次調査63.8%より高い数値だった。「懸念される」と「非常に憂慮される」という応答率はそれぞれ5.6%、1.8%と集計されて否定的な展望は7.4%に過ぎなかった。26%は回答を見送った。

  また、回答者のうち39.9%が今回の五輪に関心があると答え、43.6%は五輪が期待されると答えた。これは7月調査よりそれぞれ4.8%ポイント、2.5%ポイント上昇した。回答者の60.5%は五輪の開催時期(来年2月9~25日)を知っていると答え、五輪のマスコットであるスホランとパラリンピックのマスコットであるバンダビを知っていると答えた割合は17.4%で前調査(13.6%)より3.8%増加したことが分かった。平昌冬季五輪とパラリンピックに対する認知度と成功的な開催に対する期待感は次第に高まっている。

  しかし、競技場で直接観覧するという国民は依然として増えていない。回答者のうち競技場で直接競技を観戦するという割合は7.1%にとどまった。第1次調査9.2%、第2次調査8.9%、第3次調査7.9%より低かった。一方、回答者のほとんど(81.7%)はテレビで試合を見ると答えた。入場券購買意向のある種目には開幕式(38%)、ショートトラック(32%)、スピードスケート(16.7%)、フィギュアスケート(15.2%)の順だった。

  パラリンピックに対する関心度は依然として低かった。パラリンピックが開催されるという事実を知っているかどうかに対しては第1次調査68.2%、第2次調査65.9%、第3次調査71.5%より少ない66.5%が知っていると答えた。パラリンピックに関心があると答えた割合も第1次調査24.9%、第2次調査25.7%、第3次調査25.4%より少ない22.9%に過ぎず、パラリンピックに対する国民的関心が大きくないことが明らかになった。

  今回の世論調査は22~23日両日間、全国15~79歳の一般国民1000人を対象に行われた。調査方法は無作為に選ばれた有無線電話を利用した方式(Random Digit Dialing,RDD)であり、標本誤差は95%信頼水準で±3.10%ポイントだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 平昌冬季五輪開閉会式が開かれる五輪プラザ開閉会式場
  • 2018平昌冬季五輪のマスコット、スホビ(左)とバンダビ
  • ショートトラック競技が開かれた江陵アイスアリーナ。(写真=2018平昌冬季五輪組織委員会)