韓国法務部、産経前ソウル支局長の出国を許可

韓国法務部、産経前ソウル支局長の出国を許可

2015年04月14日11時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損した容疑で裁判に引き渡されていた加藤達也・産経新聞前ソウル支局長(49)に対する出国停止措置が解除された。

  ソウル中央地検は14日、加藤前支局長に対する出国停止の必要性が解消されたと判断し、法務部の審査を経て解除決定を下したと明らかにした。加藤前支局長は昨年8月に出国停止措置を受けて以来、期間が延びて今年4月15日まで出国停止状態だった。

  検察は「検察が裁判所に提出した証拠資料に対する証拠調査および重要争点に対する整理が完了し、法務部に出国停止解除を要請した」と説明した。検察はまた、加藤前支局長が今後残った裁判にも必ず出席するよう確約を求め、産経新聞も加藤前支局長の刑事裁判出席を保証するとしたことを伝えた。

  加藤前支局長は昨年8月、ある日刊紙のコラムを引用して旅客船セウォル号惨事当日の4月16日、7時間ほど朴大統領の行跡が不明だった疑惑を提起するコラムを作成した。検察は同年10月に加藤前支局長のコラムが虚偽とみて、朴大統領に対する名誉毀損容疑で加藤前支局長を不拘束起訴した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事