「韓国用F-35ソフトウェア開発、6割ほど進捗」(1)

「韓国用F-35ソフトウェア開発、6割ほど進捗」(1)

2011年10月25日15時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ロッキードマーティンのF-35。最高のステルス機だが、開発の遅れと価格の暴騰で韓国への2016年供給に支障が生じるという指摘がある。
  韓国は浮上する戦闘機市場だ。 ステルス戦闘機事業のFX-3と韓国型戦闘機開発事業KFXのためだ。 2016年から60機を購入するFX-3の予算は9兆3000億ウォン(約6300億円)、KF-16以上級の戦闘機を2020年以降に開発・生産するKFXの予算は11兆ウォン台にのぼる。 計175億ドル規模の事業はサウジアラビアを除いて世界最大規模。

  現在はFX-3をめぐり3社が接戦している。 筆頭に挙げられるロッキードマーティンのF-35に、ボーイング社のF-15SE(サイレントイーグル)とユーロファイターが挑戦している。 今月19-22日に開催されたソウル空港エアショーに参加したこれら3社の韓国事業担当者にインタビューした。

  ◇ロッキードマーティンのデビッド・スコット取締役

  ロッキードマーティンのF-35戦闘機は最有力候補と見られているが、開発の遅延と価格の暴騰でその位置づけが揺らいでいる。 国際顧客担当のデビッド・スコット取締役、韓国担当のランディ・ハワード取締役の2人はこの問題について熱心に説明した。

  --韓国は2016年に実戦配備されるステルスが必要だ。 それが可能なソフトウェア「ブロック3」搭載新型F-35を供給できるのか。 難しそうだが。

  「ブロック3は現在3分の2ほど開発が完了している。2014年から搭載し、すべての試験は2016年までに終える。 ブロック1は計20機を試験中だ。 ブロック2も試験中で、2012年から試験・開発・訓練用機体に搭載される。 2010年に400回以上の試験飛行をした。2011年は900回の予定のうち700回を終えた。 こうした点が2016年に引き渡せるという自信の根拠だ」

  --開発が2016年に終われば、米軍の作戦試験評価に時間がかかる。 このため米空軍も2018年に実戦配備する。 イスラエル・豪州は2019年だ。 なのにどうして2016年が可能なのか。

  「豪州・イタリアには2014年、英国・トルコには2015年、イスラエルには2016年にブロック2が引き渡される。 ブロック2も基本武装システムを備えている。 2016年初めにブロック3のソフトウェアが開発され、すべてブロック3戦闘機を引き渡すことになる」

  --では米国のメディアと議会はなぜ開発遅延問題をずっと提起しているのか。

  「それで日程を合わせようと、技術・予算・資材が追加された技術基盤検討計画が2010年に新しく出てきた」

「韓国用F-35ソフトウェア開発、6割ほど進捗」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事