<平昌五輪>大会盛り上げる羽生ら世界のイケメンアスリートたち…韓国ファン熱狂(1)

<平昌五輪>大会盛り上げる羽生ら世界のイケメンアスリートたち…韓国ファン熱狂(1)

2018年02月23日10時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ジョナタン・リーロイド(写真左)、シャオリンサンドル・リュウ
  世界各国の「イケメンアスリート」スターが平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を盛り上げている。個性にあふれ優れた実力まで備えた彼らは、冬季スポーツになじみの薄い韓国ファンのハートをがっちりとつかんでいる。グローバルK-POPグループ「防弾少年団」にも匹敵する「平昌少年団」を紹介する。メンバー(?)は防弾少年団と同じ7人。

  ◆ジョナタン・リーロイド(フランス、スキージャンプ)

  平昌五輪はソーシャルメディアオリンピックだ。世界の選手たちはSNSを通じて自身の魅力を思う存分アピールしている。その中で最も人気のある選手はジョナタン・リーロイド(18)だ。リーロイドは185センチ69キロのファッションモデルのような出で立ちに、彫刻のような整った目鼻立ちの甘いマスクで一瞬で女性ファンのハートを奪った。彼のインスタグラムには韓国語の応援コメントが多く付けられた。一部では、リーロイドのパスポートを燃やして帰国できないようにしよう、出国を禁止させよう、という冗談が出回るほどだという。リーロイドは「理解できないコメントがつけられている」というコメントに「共感」をクリックして戸惑う姿も。リーロイドは今大会ではノーマルヒルは27位、ラージヒルは45位にとどまったが「初めてのオリンピックを終えた。多くの経験と思い出を胸に帰国したい」と感想を残した。

  ◆ジョンヘンリー・クルーガー(米国・ショートトラック)

  パスポートが燃やされるところだった選手はもう1人いる。米国ショートトラック選手ジョンヘンリー・クルーガー(23)だ。アポロ・アントン・オーノ、ジェイアール・セルスキーに続く次世代スケーターだ。クルーガーは2年前に韓国で訓練したこともある。彫りの深い二重まぶたに少年のような笑顔がチャームポイントだ。クルーガーはパスポートを焼こうとする韓国人にこう返した。「どうかパスポートは焼かないでほしい。韓国はいつも私の心の中にある」。「指ハート」写真を公開して「応援してくれるファンに感謝」とコメントをしたこともある。クルーガーは男子1000メートル決勝で2位に入り、米国ショートトラック選手団に初のメダルをもたらした。

  ◆シャオリンサンドル・リュウ(ハンガリー、ショートトラック)

  今大会で韓国の女性たちの心を最も多く奪った選手を挙げるなら、それは間違いなくシャオリンサンドル・リュウ(23)だ。中国人の父親とハンガリー人の母親の間に生まれた彼は、弟のシャオアン・リュウ(21)と一緒に平昌五輪に出場した。競技前、自己紹介をする時、両眉毛を手で触れた後、カメラを見て銃を撃つしぐさをして「ハンガリーウインク男」というニックネームも得た。1000メートル決勝で韓国選手と共に転倒した後には「韓国選手を倒してごめんなさい」とコメントした。英国女子ショートトラック代表のエリス・クリスティ(28)と交際している。リュウはクリスティがインタビューで泣いていると、優しく慰める一幕もあった。22日、5000メートルリレーでリュウがハンガリーに金メダルもたらした後、真っ先に祝ったのもクリスティだった。

<平昌五輪>大会盛り上げる羽生ら世界のイケメンアスリートたち…韓国ファン熱狂(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事