KARA出身のパク・ギュリ、映画『各自の美食』の主役に確定

KARA出身のパク・ギュリ、映画『各自の美食』の主役に確定

2017年09月29日10時40分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優パク・ギュリ
  ガールズグループKARA(カラ)出身の女優パク・ギュリが映画『各自の美食』に主演する。

  パク・ギュリは2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪を記念して江陵(カンヌン)文化財団が支援する映画『各自の美食』(チョ・ソンギュ監督)に出演する。

  江陵を背景に描かれる『各自の美食』は映画『サヨナラの伝え方』の監督チョ・ソンギュが演出と脚本を務めた。主人公のソウンが江陵の広報映像コンテンツ制作を担当し、食べ物に関する個々人の思い出を紐解きながら相手を理解していく過程を描く。

  パク・ギュリは、主人公のソウン役でプロジェクトの責任者になり事件の展開を導いていく役割で、江陵の味と素晴らしさを知らせ、新社会人が共感できる悩みを解決していく予定だ。

  パク・ギュリはドラマ『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』、『シークレット・ラブ』、『ネイルサロン・パリス~恋はゆび先から~』、『URAKARA』や映画『ボーリングきらきら』、『サヨナラの伝え方』、『2つの恋愛』などを通じて着実に女優としてのキャリアを築いている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事