韓国環境部ディーゼル車排出ガス調査…今後の自動車業界は?(1)

韓国環境部ディーゼル車排出ガス調査…今後の自動車業界は?(1)

2016年05月20日16時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  環境部がディーゼル車20種の排出ガスを調査した後、日産が排出ガス装置を操作したという発表をするやいなや自動車業界が自分たちに及ぶ影響を確認するのに忙しい。環境部の調査結果の妥当性は別にしても、発表内容が消費者の購買に影響を及ぼす可能性が高いためだ。

  ルノーサムスンは今回の波紋の中心にいる日産と同盟関係(ルノー・日産アライアンス)で、エンジンを含む多くの自動車技術を共有してきただけに緊張している。今回の発表で日産「キャッシュカイ」の次に多くの汚染物質を排出した車もルノーサムスンの小型スポーツ用多目的車(SUV)「QM3」だ。ややもするとルノーのディーゼルエンジン技術の信頼度が打撃を受けかねない。下半期の中型セダンSM6ディーゼルの発売も予定されている状況なので一層波紋に気を遣っている。ルノーサムスン側は「SM6ディーゼルは予定通りに発売する」としつつも「事態の推移は注意深く見守っている」と明らかにした。

  ディーゼル車が主力の双龍(サンヨン)車・プジョー・シトロエンの心中も穏やかではない。プジョー・シトロエンは国内でディーゼル車販売の割合が100%と非常事態になった。双龍車も主力がSUVのためディーゼル車の比重が高い。今回の調査で3番目に結果が悪かった車も「ティボリ」だ。ティボリは今年、双龍車の販売の52.8%を占めている。これらはディーゼルエンジンに特化した会社で特別な代案がなく、今回の事態の推移を見守るばかりだ。

  イム・オクテク蔚山(ウルサン)大学自動車学科教授は「多くのディーゼル車の主力ブランドがユーロ6の基準さえまともに満たせない状況だと、さらに強化される規制に合わせるのが容易ではない状況」と話した。

韓国環境部ディーゼル車排出ガス調査…今後の自動車業界は?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事