【コラム】米中が新冷戦始めるのに韓国は無策(1)

【コラム】米中が新冷戦始めるのに韓国は無策(1)

2018年11月09日10時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先月23日、習近平中国国家主席は香港~マカオ~珠海を連結する世界最長55キロメートルの橋の開通式に参加した。香港とマカオは、中国人が自ら「恥辱の100年の歳月」と命名した西欧列強の中国侵奪期にそれぞれ英国とポルトガルの植民地に転落し20世紀末に中国に返還された地域だ。

  「アジアのシリコンバレー」になった深セン、ラスベガスを凌駕するカジノ産業メーカーになったマカオ、世界最高水準の経済躍動性を誇る香港を連結するこの三角地域を21世紀の世界経済地図を変える革新経済区域にするというのが中国の構想だ。

  21世紀初期、米国に次ぐ世界2位の経済大国に浮上した中国。中国の疾走はいつまで続くだろうか。中国は「恥辱の100年」の記憶からどれほど遠くに進んだのだろうか。その日の開通式で習近平主席の頭の中は太平洋の向こう側の米国でいっぱいだっただろう。

  先月4日、米国政治シンクタンクのハドソン研究所の演説でマイク・ペンス副大統領は過去40年間、米国の対中国包容政策は失敗したと宣言した。ペンス副大統領は中国が各種違法行為で米国経済を侵奪して米国の安保を威嚇していると公開的に非難し、中国を米国の経済と安保を威嚇する覇権国家だと定めた。彼の認識はトランプ行政府が執権初年度12月発刊した国家安保戦略報告書で中国を米国と競争する覇権国家と規定した認識の延長線にある。ペンス副大統領はこの演説で中国の学者と留学生が米国内の中国の政治的影響力を強化するのに利用されていると主張した。このような主張を後押しする事例は随時米国のメディアで報道されたりしたが、米国権力の最上層部が公式の場で意を決して発言したことは米中関係が新冷戦時代に入ったことを意味する。12ページに及ぶ彼の演説は米国の対中国冷戦宣言布告文だ。

  トランプ大統領がことし9月初めに国連安全保障理事会で「中国は私が中間選挙で勝利するのを望まない」と述べた時、新冷戦はすでに予告されていた。ペンス副大統領は「中国は他の米国大統領を望んでいる」と言い、中国がどんなやり方で米国政治に介入しているのか詳しく説明した。トランプ大統領とその追従者は中国のこのような形態が米国の大衆強硬策が効果を見せるためだと考える。

  先月の習近平主席の橋開通式出席は1992年の鄧小平氏の南巡講話に肩を並べる。中国改革開放40周年をむかえることし、習近平主席は鄧小平氏の開放改革ではない自立を力説した。世界通商体制との連結の輪をさらに固める改革開放ではなく、中国が自力更生できる自立を強調したことは米国との長くて険しい戦いを覚悟していることを意味する。

  米中貿易戦争勃発初期に米中間摩擦が貿易問題に限定されることを望んだ中国はもういない。中国は米中貿易戦争の本質が覇権競争であることをもはや隠さない。

  中国の改革開放は「地図のない旅程」だった。89年に中国共産党が天安門民主化デモを武力鎮圧してから中国は危機に瀕した。世界は中国に制裁を加え始めたし、中国執権勢力内部では改革開放懐疑論が頭をもたげ、紅専(思想と実用性)の葛藤が激しくなった。中国の進む行く道が不透明になった状況で鄧小平氏は1992年に深セン、珠海など南方経済特区を訪れ、持続的な改革開放の重要性を強調する談話を発表して共産党指導部を圧迫した。ためらった中国は再び一歩一歩改革開放の道を歩むことに決めた。改革開放の勢いはかろうじて維持された。その道は2001年の中国の世界貿易機構(WTO)加入につながった。

  中国はWTO加入以降、貿易がよどみなく増加した。世界最大市場である米国から他の国家と同じ条件で市場接近を取得した中国は疾走に疾走を繰り返した。2007年にドイツを抜いて世界3位の経済大国に浮上したし、2010年に日本を抜いて世界2位の経済大国となった。21世紀が始まった時、米国経済の10%規模だった中国はいまや70%規模まで上がってきた。中国のWTO加入は結果的に中国の超高速疾走を可能にした高速道路だった。

  米国は今になって中国に高速道路への進入を許容したことを後悔している。米国は15年にわたる中国とのWTO加入交渉を通じて高い通行料を受け取った。また、スピード運転と違反運転をしないという確約まで取った。しかし、猛スピードと違反を摘発する警察は無能で、罰金はでたらめに安く、罰金告知書を発行しても中国は「あなた方も以前に違反したのになぜ私にばかり意地悪をするのか」と抗弁して納付を拒否しているというのが米国の考えだ。

  トランプ大統領は高速道路により多くの警察とパトロールカーを投じることでは中国の暴走を防ぐことはできないという結論に至った。中国を高速道路から引き下ろすこともできない。それでトランプ大統領は米国が設計して拡張するのに最も多くの持株を投資した高速道路を無用の物にし、トランプ大統領と考えを共にする国家にだけ進入を許す新しい道を作ろうとしている。中国を世界通商体制から孤立させることが目標だ。

【コラム】米中が新冷戦始めるのに韓国は無策(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事