キムチ、なぜ漬ける? キムチ買って食べる人増加=韓国

キムチ、なぜ漬ける? キムチ買って食べる人増加=韓国

2018年11月09日09時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  キムチを漬ける「キムジャン」の季節が近づいたが、キムジャンを放棄するいわゆる「キムポ(キムジャン放棄)族」が増加している。家族の人数が減って高層マンション住まいが増え、キムジャンよりもその都度キムチを買って食べる消費者が多いという話だ。

  7日、大象(テサン)宗家(チョンガチプ)が宗家ブログを通じて主婦2885人を対象にアンケート調査した結果、半数を越える56%が「キムジャンの計画はない」と答えた。2016年より9%増加した。キムジャンの計画がないという回答者の半数(54%)はキムジャンの代わりに包装された市販のキムチ(以下、包装キムチ)を買うと答えた。2016年には実家や婚家と一緒にキムジャンをするという回答(66%)が最も多かったが、ことしは1人で自分で漬けるという回答(51%)が1位を占めた。量も減り、「20株以下」が半数近く、「5株以下」も8%という調査結果となった。

  「漬けて食べていたキムチ」から「買って食べるキムチ」が拡散したことで関連市場も共に成長している。韓国農水産食品流通公社と業界によれば韓国の商品キムチ市場は近年毎年増加傾向にある。2015年には2699億ウォン(約274億円)だった市場はことし3338億ウォンに拡大した。大象宗家が30余年前に韓国で初めて包装キムチを販売して以降、CJ第一製糖、新世界フードなど大型食品企業が飛び込んだ。

  韓国内の家庭用包装キムチ市場の33%をオンラインとホームショッピングが占めている。コンビニでは少量の包装キムチの売り上げが飛躍的に増加した。1人世帯やラーメン、弁当などと一緒にキムチを買う消費者が増えたためだ。GS25コンビニエンスストアによると、昨年のキムチの販売売り上げは前年より23.7%増加し、ことしは27.8%増える見込みだ。

  韓国政府も商品キムチ産業を育成するための各種支援策を打ち出している。日本や米国ではすでにチゲ用、サラダ用など多様なキムチ・ソースが開発され販売されている。農林畜産食品部もキムチの薬味ソースの生産施設や装備支援事業を推進している。来年完工するソース産業化センターを通じて現場のコンサルティングなどを支援する計画だ。家庭料理に代わる食事(HMR)市場の拡大に合わせて1人世帯、子どもなど細分化した消費者をターゲットとしたキムチHMR研究開発事業も推進する。また、キムチの辛い味や塩味に対する標準指標を開発して韓国産と輸入キムチの差別化を図る。
https://news.joins.com/article/23105597
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事