<大リーグ>姜正浩を負傷させたコグラン「殺害脅迫受けた」

<大リーグ>姜正浩を負傷させたコグラン「殺害脅迫受けた」

2015年10月14日13時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  メジャーリーグの試合中に姜正浩(カン・ジョンホ、28、ピッツバーグ)を負傷させたクリス・コグラン(30、シカゴ・カブス)が脅迫を受けたと明らかにした。守備を妨害するための走者のスライディングをめぐる論争がまた始まった。

  コグランは13日(日本時間)、米日刊紙USAトゥデイのインタビューで、「(姜正浩と衝突した後)殺害脅迫を何度も受けた。韓国人がいるところならどこでもそうだった。つらかった」と述べた。

  コグランは先月18日の試合で、ダブルプレーを狙うピッツバーグの遊撃手・姜正浩(カン・ジョンホ)に向かって激しいスライディングをした。左ひざをけがした姜正浩は手術を受け、今季を締めくくった。コグランは謝罪の意を伝えたが、怒った韓国ファンはコグランのソーシャルネットワークサービス(SNS)に暴言と非難を浴びせた。

  コグランのスライディングは最近また取り上げられた。11日、LAドジャース-ニューヨーク・メッツのナショナルリーグ・ディビジョンシリーズ第2戦で似た状況が発生したからだ。ドジャースのチェース・アトリーは7回一死一、三塁からメッツの遊撃手ルーベン・テハダに向かってスライディングした。後ろ向きで捕球したためアトリーが見えなかったテハダは衝突後、右ふくらはぎを骨折し、残りの試合に出場できなくなった。メジャーリーグ事務局は異例にもアトリーに2試合出場停止懲戒を下した。

  メジャーリーグの選手は韓国や日本の選手より激しいスライディングをする傾向がある。姜正浩が負傷したが、コグランは懲戒を受けなかった。ダブルプレーを阻止するためのプレーと見なされたのだ。コグランは「私のスライディングは卑劣ではなかった。良心の呵責は感じない。姜正浩が負傷することは望まなかった」とし「アトリーも守備選手を負傷させようとはしなかったはずだ。規定内のプレーだ」とコメントした。

  激しいスライディングに対しては米国内でも賛否が分かれる。選手が衝突するのが野球の伝統という意見もあり、選手保護のために規定を変えるべきだという声も高まっている。USAトゥデイは「来月メジャーリーグ団長会議で二塁スライディング衝突防止のための議論が予想される」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事