盧大統領「マッカーサー銅像撤去は外交に非常に有害」

盧大統領「マッカーサー銅像撤去は外交に非常に有害」

2005年08月24日08時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は23日、一部市民団体の仁川月尾島(インチョン・ウォルミド)自由(チャユ)公園のマッカーサー銅像撤去の申し出に対して「銅像撤去は国交において非常に有害なこと」と述べた。

  盧大統領が、保守・革新対立論議にまで広がっているマッカーサー銅像撤去問題に対して公に立場を明らかにしたのは初めてだ。

  盧大統領はこの日、地方のマスコミ編集局長団との懇談会で「銅像撤去に対する大統領の考えは」という質問に「米国政府のみならず米国民の自尊心や韓国に対する認識を非常に悪化させ得ること」と返答した。また「そうしてはいけないし、現代世界を生きていく知恵ではない」と付け加えた。

  合わせて「どうしてその銅像を撤去しなければならないのか、その理由がよく分からない。歴史は歴史としてそのまま認めればいいものを、どうして今になってすべての過去を抹殺しようと思うのか、理解できない」と言及した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事