サムスン電子、昨年10-12月期の実績を発表…営業利益は前年同期比36%減

サムスン電子、昨年10-12月期の実績を発表…営業利益は前年同期比36%減

2015年01月29日10時52分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子は29日、昨年10-12月期の経営実績を公示して売上52兆7300億ウォン(約5兆7100億円)、営業利益5兆2900億ウォンを記録したと明らかにした。これは前年同期に比べそれぞれ11.04%、36.37%減少した数値だ。前期に比べて売上は約11.13%増、営業利益は30.24%増となった。

  スマートフォンを担当するIM部門の10-12月期営業利益は1兆9600億ウォンで前期(1兆7500億ウォン)より12%伸びた。IM部門実績が半分以下に急落した昨年7-9月期よりは改善されたが、2兆ウォン台を回復することができなかった。半導体部門は10-12月期に2兆7000億ウォンの営業利益を上げて実績を牽引する役割をした。半導体部門の営業利益は2四半期連続でIM部門を上回った。

  ディスプレー部門も4700億ウォンの営業利益を出し、半導体とディスプレーを加えたDS(部品)部門の営業利益の合計は3兆1300億ウォンとなり3兆ウォンを超えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事