韓国東西発電、有害物質500トンを5年間にわたり海に投棄

韓国東西発電、有害物質500トンを5年間にわたり海に投棄

2016年08月02日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国電力子会社の韓国東西発電の蔚山(ウルサン)火力本部が有害液体物質が混ざった冷却水を数年間にわたり海に投棄していたことが海洋警察に摘発された。蔚山海洋警備安全署は1日、海洋環境管理法違反などの容疑で蔚山火力本部環境管理チーム所属のA氏(45)とB氏(54)を在宅で立件するとともに、蔚山火力本部法人も立件し調査していると明らかにした。

  蔚山火力本部は2011年1月から昨年7月までジメチルポリシロキサン500トンと冷却水が混ざった汚染水45億トンを海に排出した容疑を受けている。環境管理部署所属のA氏は2013年2月から昨年7月までジメチルポリシロキサン290トンが混ざった汚染水30億トンを投棄していた容疑を受けている。

  海洋警察はまた、A氏の前任者がジメチルポリシロキサン210トンと汚染水15億トンを無断放流したとみて調査中だ。発電技術部署所属のB氏は2013年10月に発電機から発生した油性混合物(水と油が混ざった廃油)を海に捨てるために油水分離槽の中に揚水機の役割をする潜水ポンプを設置した容疑を受けている。

  ジメチルポリシロキサンは消泡剤の一種だ。稼動中の発電設備を冷却させるのに使った水が海に排出されると温度差により周辺に泡が発生するが、これを除去するために使われる。海洋環境管理法上、海洋に排出されると海洋資源や人間の健康に害を及ぼす恐れがあり排出を制限しなければならない有害物質で、「Y類」物質に分類されている。

  海洋環境管理法は有害液体物質をX類、Y類、Z類に区分している。X類物質は深刻な水準の被害を、Z類物質は軽微な水準の被害をもたらす恐れがある物質で、Y類はその中間水準だ。蔚山大学のヤン・ソンボン化学科教授は「ジメチルポリシロキサンが長期間多量に海に排出されたとすれば海洋生態系に否定的な影響を及ぼしたものとみられる」と話す。

  蔚山海洋警察は3月に発電所周辺の漁民などから「海水からの悪臭が激しい」という被害報告を受け担当チームを設けて捜査に着手した。海洋警察は4月中旬に蔚山火力本部を家宅捜索し関連資料を確保した。蔚山海洋警察関係者は「A氏とB氏の個人不正レベルなのか公企業の組織的レベルなのかに対しても綿密に調査中」と付け加えた。

  韓国東西発電側は「ジメチルポリシロキサンは海洋環境管理法上の禁止物質ではなく制限物質に分類されており担当職員が使ったとみられる。現在は親環境素材の消泡剤に変えた」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事